『Microsoft Flight Simulator』にエアレース実装。「World Update VI」 は9月7日に配信予定

現地時間8月24日、米Microsoftは 「gamescom 2021 Xbox Stream」 において、フライトシミュレーター『Microsoft Flight Simulator』の今後のアップデートに関する情報を発信。新要素としてエアレースを実装することを明らかにした。

エアレースの実装は2021年秋を予定。マルチプレイに対応しており、友人と飛行の腕前を競うことが可能だ。

『Microsoft Flight Simulator』にエアレースが実装へ

エアレースは、Reno Air Racing Associationと提携することで、「Reno Air Racing: STIHL National Championship AirRaces」 をそのまま実装する。本レースは、アメリカネバダ州北西部にあるリノにおいて毎年9月に開催されるエアレースだ。

なお、当初8月24日に配信予定だった 「World Update VI」 については9月7日に配信を予定している。本アップデートでは、ドイツ、オーストリア、スイスのランドスケープ、100を超えるランドマークを緻密に再現。さらにリューベック、シュトゥットガルト、クラーゲンフルト、ザンクトガレンの4つの空港を緻密化するほか、動作の安定化などの修正も行う。

さらに『Microsoft Flight Simulator』では、歴史的価値のある航空機をデジタルデータで保存するLocal Legendsという取り組みを発表している。第1弾としてドイツの輸送機 「Junkers JU-52」 や、eVTOLエアタクシー 「VoloCity」 を発売予定であるとのことだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。