「Microsoft Ignite」 10月12日〜14日に対面式で開催。対面としての開催は3年ぶり

現地時間7月28日、米Microsoftは 「Microsoft Ignite」 を10月12日〜10月14日の3日間にわたり開催すると発表した。

本イベントは、Microsoftが開催するフラグシップイベントのなかでもITプロフェッショナル向けのものとなっており、Microsoft 365やMicrosoft AzureといったMicrosoftの主要サービスに関する発表が行われるほか、同社のSurfaceシリーズに関する発表も期待される。

イベントは3年ぶりの対面式で開催されるが、新型コロナウイルス感染症のパンデミック以前に比べると規模はやや縮小した形で実施するとのこと。

また、オンラインでの配信も予定されているため、現地に行けない方でもイベントの内容を視聴することが可能だ。言語は、英語のほかフランス語、ドイツ語、日本語、中国語、スペイン語に対応し、各地域向けのローカルコンテンツも用意されるとのことだ。

開催スケジュールは10月12日~10月14日、開催地はシアトル。参加登録は8月下旬より開始される予定で、参加登録の開始を知らせるメーリングリストが提供されているため、参加したい方はぜひご登録を。

(画像:Microsoft)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。