Microsoft、ベセスダ・ソフトワークス親会社 「ゼニマックスメディア」 買収へ 『Fallout』『The Elder Scrolls』などのスタジオがMS傘下に

現地時間9月21日、米MicrosoftはBethesda Softworksの親会社 「ZeniMax Media」 を買収することで合意した発表した。買収総額は75億ドル(約7850億ドル)。

Microsoftがベセスダ・ソフトワークス親会社を買収

「ZeniMax Media」 は、傘下にBethesda Softworksや、Bethesda Game Studiosやid Softwareなどといった有名ゲーム開発スタジオをもつ会社。海外ゲームユーザーならば誰もが知る『Fallout』『The Elder Scrolls』『DOOM』『サイコブレイク』などの作品を手がけていることで有名だ。今回の買収によって、これらの開発スタジオはすべてMicrosoftの傘下に収まることになる。

ZeniMax Mediaのもつスタジオ

  • Bethesda Game Studios
  • id Software
  • ZeniMax Online Studios
  • MachineGames
  • Tango Gameworks
  • Alpha Dog
  • Roundhouse Studios

Microsoftはこれらのスタジオで製作されるタイトルは基本的に現在の方針を継続する予定。継続するにあたって、Microsoftのリソースやサポートを提供するとしている。

また、Microsoftが提供するサブスクリプション型ゲームサービス 「Xbox Game Pass」 においてBethesdaのタイトルを配信することを発表している。

関連記事
【比較】Xbox Series XとSeries Sの違い・性能・価格を比較。発売・予約開始日まとめ
「Xbox Series X/S」 の国内価格が正式発表。Series Xは49,980円、Series Sは32,980円(税別)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。