「Microsoft Office 365」 がMac App Storeで配信開始

昨年6月に開催された開発者向けイベント 「WWDC 2018」 で、Microsoftは 「Microsoft Office」 をMac App Storeで配信すると明らかにしていたが、同アプリが本日1月25日からようやく配信が開始されている。

配信されたアプリは、「Word」 「Excel」 「PowerPoint」 「Outlook」 の4種類。ダウンロード自体は無料で可能だが、利用するにはMicrosoft Office 365のサブスクリプション契約が必要となる。

サブスクリプションはすでに契約している場合はアプリ内で有効化することが可能。まだ契約していない場合はアプリ内課金で契約可能だ。

ダウンロードは以下から可能。

【追記:2019/01/25 7:30】
上記の4つのアプリに加えて、 「OneNote」 「OneDrive」 アプリが一緒になったバンドル版 「Microsoft Office 365」 の配信も開始されています。記事タイトルを修正しました。

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。