Microsoft、次世代Xbox 「Project Scarlett」 発表 2020年ホリデーシーズンに発売へ 8K/120fpsに対応

現地時間6月9日、米Microsoftは新作ゲーム情報イベント 「Xbox E3 Briefing 2019」 を開催し、同イベントの中でXboxの次世代型機プロジェクト 「Project Scarlett」 を発表した。

Microsoftの発表によると、「Project Scarlett」 は8K/120fpsの高画質に対応するとのこと。

具体的なスペックは明かされていないが、AMD製グラフィックボード (Naviアーキテクチャによってリアルタイムレイトレーシングに対応) を搭載するおかげで、旧世代機に比べてグラフィック性能が最大4倍に向上すると発表されている。

また、ゲームのロード時間を短くするため内蔵されるストレージはSSDになるとのことだ。

発売は2020年ホリデーシーズン(年末あたり) 。ローンチタイトルとしてHaloシリーズ最新作 「Halo Infinite」 が用意されているという。続報に期待したい。

関連記事
Gearsシリーズ最新作 「Gears 5」 、2019年9月10日発売
マイクラの新作ゲーム 「Minecraft DUNGEONS」 が発表 2020年春に発売予定

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。