Microsoft、iOS/Android向け 「Cortana」 提供を終了

curtana for iOS

現地時間3月31日、米Microsoftは同社音声アシスタント 「Cortana」 のiOS/Android向けアプリのサポートを終了した。現在、同アプリは日本を含め世界で利用できなくなっている。

Cortanaアプリ、3月31日でサポート終了

「Cortana」 はMicrosoftが開発し、2015年に提供がはじまった音声アシスタント。

AppleのSiriやAmazonのAlexa、GoogleのGoogleアシスタントのように声で命令し操作できる機能だが、利用者が思うように伸びなかったことなどから、昨年8月にMicrosoftはCortanaを 「Microsoft 365」 のデジタルアシスタントとして再定義すると発表。これに伴い、モバイルデバイス向けアプリのサポートを2021年初頭に終了することを発表していた。

ちなみにCortanaが利用できた一部の製品(Surface HeadphonesやHarman Kardon Invokeなど)については、すでにサポートが打ち切られている。

MicrosoftはCortanaのサポート終了に合わせて、同社サポートページを更新。スマートフォン向けCortanaモバイルアプリのサポートは終了し、作成したCortanaのコンテンツはモバイルアプリでは機能しなくなったものの、WindowsではCortanaから引き続きアクセスできること、Cortanaのリマインダー、リスト、タスクは Microsoft To Doアプリに自動的に同期され、無料でダウンロードできると案内している。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。