Microsoft、第11世代Core搭載&LTE対応 「Surface Pro 7+」 発表

現地時間11日、米Microsoftは2in1 PC 「Surface Pro 7+」 をテクノロジーショー 「CES2021」 にあわせて発表した。

2in1 PC 「Surface Pro 7+」 が正式発表

「Surface Pro 7+」 は、Intelの第11世代Core iプロセッサを搭載した新型2in1 PC。先代のSurface Pro 7の実質的アップデートモデル。インカメラがフルHD画質に強化されただけでなく、待望のLTEにも対応した。

同モデルはまず法人向けに販売される予定。価格はWi-Fiモデルが899ドルから、LTEモデルは1,149ドルから。日本での販売価格については、まだアナウンスされていない。

「Surface Pro 7+」 の製品デザインは先代Surface Pro 7から変わらず。ディスプレイサイズは12.3インチ(2,736×1,824ドット)。内蔵されたSSDはSDカードのような形状のものに変わり、交換することが可能だ(ユーザー交換は不可)。本体サイズは292×201×8.5mm、本体重量は770~796グラム。

CPUはCore i3-1115G4、i5-1135G7、i7-1165G7。処理能力は先代Surface Pro 7から最大2.1倍になっている。内蔵メモリは8 / 16 / 32GBで選ぶことが可能。ストレージ容量は128/256/512GB/1TB、512GB以上はWi-Fiモデルで選ぶことが可能だ。OSはWindows 10 Proだ。

搭載ポートは、USB Type-C、USB Type-A、3.5mmヘッドホンジャック、Surface Connect、SUrface タイプカバーポート、microSDXCカードリーダー(Wi-Fiモデルのみ)、nano SIMスロット(LTEモデルのみ)。

前面カメラは500万画素、背面カメラは800万画素。Dual far-fieldスタジオマイクのほか、Dolby Atmosに対応した1.6Wステレオスピーカーを搭載する。まいく性能とカメラ画質の向上はテレワーク需要を意識したものだ。

バッテリー駆動時間はWi-Fiモデルが最大15時間、LTEモデルが最大13.5時間。先代モデルが最大10.5時間の駆動となっていることから大幅に改善されている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。