ミニLEDディスプレイ採用のiPadは2020年Q4~2021年Q1、MacBookは2021年Q1~Q2に発売か

これまでのLCD液晶ではなく、新しい 「ミニLEDディスプレイ」 技術を採用したiPad、およびMacの開発が行われているが、Appleはこれらの製品を2020年以降に投入していく計画のようだ。TF International Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏が投資家向けレポートの中で伝えている。

Kuo氏によると、AppleはミニLEDディスプレイを採用したiPadを2020年第4四半期~2021年第1四半期、MacBookを2021年第1四半期~第2四半期に発表する予定とのこと。これは同氏の当初の予測から変わっていない。

ミニLEDディスプレイ採用iPadが早ければ2020年第4四半期に登場か

同技術を採用した製品はそれぞれの製品群の中でもハイエンドモデルの位置付けで販売するということから、iPadであればiPad Pro、MacであればMacBook Proとして発売する可能性が高い。

ちなみにこのミニLED技術は、非常に細かいLEDを無数に配置することで、従来の液晶ディスプレイや有機ELディスプレイに比べて消費電力やコントラスト、発色など多くの点で上回るとされている。

Kuo氏によると、Appleが開発しているiPadおよびMacBook向けミニLEDディスプレイには約10,000個のLEDが使用されるとのこと。参考までに、Appleが開発したLCD液晶ディスプレイ 「Pro Display XDR」 に採用されているLEDは576個であることから、いかにこの数字が驚異的かがわかる。

今冬発売予定のPro Display XDR (右)

これほど多くのLEDを搭載できるのは、それぞれのLEDのサイズがミニ(超小型)であるからだ。各LEDのサイズはわずか200ミクロン (0.2mm) 、ディスプレイの大幅な画質向上に期待が高まる。

ちなみに、Appleは2020年後半に新型MacBook Proを発売する計画と伝えられている。16インチのディスプレイを搭載した初のベゼルレスモデルになることが予想されているが、Kuo氏の今回の予測を加味すると、今年の新型MacBook ProにミニLED技術が搭載されることはなさそうだ。

関連記事
次期iPad Proのモックアップが登場 背面にトリプルレンズカメラを搭載か
次期iPad Proは2020年3月に発表?3Dセンシングカメラが背面に搭載へ
ベゼルレスの次世代MacBook Proの登場は早くて2021年前半か

Apple iPad Pro (11インチ, Wi-Fi, 256GB) - スペースグレイ (最新モデル)
Apple(アップル) (2018-11-07)
売り上げランキング: 261
Apple iPad Pro (12.9インチ, Wi-Fi, 256GB) - スペースグレイ (最新モデル)
Apple(アップル) (2018-11-07)
売り上げランキング: 258

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。