ミニLEDディスプレイ搭載iPad Pro、2020年第4四半期に発売予定?DigiTimesが報じる

新型iPad Proが発表されてわずか数日しか経っていないものの、早くも次期iPad Proに関する情報が登場している。

今回の新製品発表を見事に的中させたJon Prosser氏が20日、5Gに対応した次期iPad Proが2020年末に発売予定であると伝えていたが、この次期iPad ProはミニLEDディスプレイを搭載する可能性も浮上してきた。

AppleはミニLEDディスプレイ搭載iPad Proを2020年第4四半期に発売?

DigiTimesによると、Appleは2020年第4四半期にミニLEDディスプレイを搭載したiPad Proを発売する予定であるとのこと。画面サイズは12.9インチとのみ伝えられているため、11インチモデルが用意されるのかどうかは不明だ。

DigiTimesはこれ以上の情報は伝えていないが、2020年第4四半期というと、Jon Prosser氏が伝えた5G対応iPad Proの発売時期とぴったりと重なることになる。

もし両者が示しているiPad Proが同じものであった場合、次期iPad Proは12.9インチのミニLEDディスプレイを搭載し、5G通信に対応、プロセッサにA14Xチップを搭載することに。それ以外のスペックについては、Jon Prosser氏の情報を信じるのであれば先日発表されたiPad Pro(2020)とほとんど同じになっているはずだ。

ただし、Jon Prosser氏は他のユーザーからの質問に答える形で、ミニLEDディスプレイを搭載したiPad Proは2021年に登場するとも発言している。この点についてはDigiTimesと主張が食い違うため、必ずしもミニLEDディスプレイモデルが2020年に登場するとは言い切れない点に注意だ。

ミニLEDディスプレイについては、著名アナリストのMing-Chi Kuo氏も12.9インチiPad Proへの搭載を予測しており、搭載される可能性はそれなりに高いと言えるだろう。

ミニLEDディスプレイが搭載されることで、より広い色域表現や高いコントラスト、ダイナミックレンジの表現が可能になると言われている。また、消費電力を低く抑えることができたり、ディスプレイの薄型化も期待できるとの噂だ。

関連記事
5G対応の新型 「iPad Pro」 は2020年末に発売か。A14Xチップ搭載との情報
【比較】iPad Pro(2020)は前モデルiPad Pro(2018)からどれくらい進化?性能・仕様を徹底比較

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。