Apple、2022年発売の次期MacBook AirにミニLEDディスプレイ搭載か

2021年、Appleは新製品のいくつかにミニLEDディスプレイを搭載する計画であると複数のリーカーやアナリストたちが伝えている。

先日にも著名アナリストのMing-Chi Kuo氏がミニLEDディスプレイを搭載した初のMacが2021年に登場するという情報を伝えていたが、さらに台湾Digitimesが2021年〜2022年に登場するミニLEDディスプレイを搭載したApple製品について、新しいレポートで言及している。

ミニLEDディスプレイ搭載MacBook Airが2022年に登場へ

Digitimesによると、Appleは2021年にミニLEDディスプレイを搭載した11インチ・12.9インチiPad Proと16インチMacBook Proを発売する予定で、さらにその翌年2022年にはミニLEDディスプレイを搭載したMacBook Airを発売する予定であるとのこと。

ミニLEDディスプレイとは
現行のLEDよりも小さな発光ダイオードをバックライトに使用する次世代ディスプレイ。ディスプレイの色域表現をより広くし、高いコントラストやダイナミックレンジの表現が可能になると言われている。さらに消費電力の向上や薄型化も期待できる。

上記のApple製品については、すでにAppleの未発表製品に関して高い予測精度を誇る著名アナリストMing-Chi Kuo氏などから同じような予測が発表されている。彼らの予測では2021年にiPad Pro・16インチMacBook Proが、2022年にMacBook Airが登場するとみられていることから、今回Digitimesが伝えた情報はこれらの信ぴょう性を高めるものと言えるのではないだろうか。

ちなみに2022年に登場するMacBook Airについては、ミニLEDディスプレイ搭載のほかにデザインの刷新も伝えられていて、さらに価格も現行機種より安くなるとみられている。

関連記事
MacBook Air レビュー (M1, 2020) 高性能M1チップ搭載でAirがProを超える。バッテリー持ち大幅向上で1日いっぱい使えるように
MacBook Pro M1 レビュー | 私のMac、速すぎ…!熱くならないしサクサク動く不思議なMac。その実力を徹底検証

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。