「ミニNINTENDO 64」 が近いうちに登場することは絶対にない 社長が明言

ミニファミコンやミニスーファミが登場したんだから、次はミニ64が出るだろう、と登場を寄せているユーザーに残念なお知らせがある。

以前から噂されていた 「ミニNINTENDO 64」 だが、どうやら近いうちに登場することはないようだ。米任天堂のレジー社長が自ら明言した。

社長自ら「ミニ64が近いうちに登場することはない」と明言

レジー・フィサメイ社長は、米メディアKotakuのインタビューに応じ、「ミニNINTENDO 64」 を近いうちにリリースするという計画はないと、業界内に流れている噂を否定した。

レジー社長の話によると、そもそも 「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」 というクラシックハードは、Wii Uが終了したあと、Nintendo Switch登場までの空白期間を埋めるための製品だったという。参考までに、「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」 が登場したのは2016年11月。そして、Nintendo Switchはその5ヶ月後の2017年3月に登場している。

そして、「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」 については、ミニファミコンの登場によってミニスーファミの登場を期待する声が大きくなり、それに応える形で開発したものなのだとか。

ただし、これらはあくまで 「期間限定(その時限り)」 の商品として開発しており、過去のハードウェアを続けざまに 「クラシック」 製品として販売することは考えていないようだ。もちろん、最近で最も期待が集まっている 「ミニNINTENDO 64」 もそう。

ただし、完全に開発の可能性を閉ざしているわけでもないようで、現時点では 「近いうちに発売することはない」 とし、将来的に発売する可能性がゼロではないことを伝えている。

今、任天堂が力を注いでいるのは、「Nintendo Switch Online」 加入者向けのコンテンツ。同サービスでは、Nintendo Switchで過去のファミリーコンピュータのタイトルが遊べるわけだが、それらを完全なものにするため、移植作業に取り組んでいるという。

ファミコンタイトルの移植が終わったら、今度はスーパーファミコン時代のタイトル移植も検討しているとのこと。

今年のホリデーシーズンはNINTENDO 64で遊ぼうかと考えていた方には残念なお知らせとなってしまったが、可能性がゼロではないということは、ユーザーからの期待の声がさらに大きくなれば任天堂が開発に着手する可能性があるということ。今は登場を期待しつつ、「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」 でマリオカートを遊んだり、 「Nintendo Switch」 でスマブラ(12月発売予定)を楽しんでみてはどうだろうか。

Nintendo Switch 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIALセット
任天堂 (2018-11-16)
売り上げランキング: 13
大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - Switch
任天堂 (2018-12-07)
売り上げランキング: 1

[ img via Wikipedia ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。