モバイルPASMO、2020年春からAndroidスマホで利用可能に クレジットカードでのチャージや定期券の購入が可能

1月21日、PASMO協議会は交通系ICカード 「PASMO」 がスマートフォンで利用できる 「モバイルPASMO」 を2020年春に提供開始することを発表した。同サービスにより、いつでもAndroidスマホで残高チャージや定期券の購入ができるようになる。

Androidスマホ向けに 「モバイルPASMO」 が提供開始へ

「モバイルPASMO」 は、購入段階でAndroid 6.0以上がインストールされたおサイフケータイ対応Androidスマートフォンで 「PASMO」 アプリを通して利用できる予定。

サービス内容としては、電車やバスでの運賃の支払いや加盟店での買い物はもちろん、いつでもどこでもクレジットカードを利用して残高をチャージできたり、定期券を購入できるようになる。また、故障・紛失時もわざわざ窓口に行かずとも再発行手続きができるとのこと。

モバイルPASMOでの定期券の購入に対応する交通事業者としては、現時点では小田急電鉄や京王電鉄、京成電鉄、京浜急行電鉄など34の事業者が発表されている。全事業者名はこちらのページから確認可能だ。

「モバイルPASMO」 のサービス開始は、現時点では2020年春を予定している。具体的なサービス開始日やサービスの詳細、対応機種などについては2020年3月初旬に案内される予定だが、iPhoneへの対応については現時点では未定となっている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。