モバイルPASMO、3月18日にサービス開始。定期券も利用可能

3月10日、PASMO協議会は2020年春の提供開始を宣言していた 「モバイルPASMO」 のサービスを2020年3月18日にスタートすることを発表した。Androidスマートフォンにて、2020年3月18日午前10時から利用できる。

モバイルPASMOのサービスが3月18日にスタート

「モバイルPASMO」 は、Google Playストアからアプリをダウンロードすることで利用開始可能。スマートフォンだけで電車やバスに乗れるようになるだけでなく、交通系ICが利用できる店舗や自動販売機で買い物ができるように。また、アプリからはいつでも残高確認ができる。

対応デバイスは 「Android 6.0」 以降をインストールし、最新のおサイフケータイアプリがインストールされている端末。こちらのリンクからお持ちのデバイスが対応しているかチェックすることが可能だ。

利用料金は無料。ちなみに登録できるクレジットカードはVISA、Mastercard、American ExpressおよびJCBで、オートチャージを利用するには対応クレジットカードが必要だ。

ちなみに定期券の購入も可能だが、乗車駅がモバイルPASMO定期券発売事業者であれば、途中の経路及び降車駅がモバイルPASMO定期券非発売事業者(Suica 事業者を含みます)でも連絡定期券の購入が可能だという。

モバイルPASMO定期券発売事業者

鉄道

  • 小田急電鉄株式会社
  • 京王電鉄株式会社
  • 京成電鉄株式会社
  • 京浜急行電鉄株式会社
  • 埼玉高速鉄道株式会社
  • 相模鉄道株式会社
  • 首都圏新都市鉄道株式会社
  • 新京成電鉄株式会社
  • 西武鉄道株式会社
  • 千葉都市モノレール株式会社
  • 東急電鉄株式会社
  • 東京地下鉄株式会社
  • 東京都交通局
  • 東武鉄道株式会社
  • 北総鉄道株式会社
  • 株式会社ゆりかもめ
  • 横浜高速鉄道株式会社
  • 横浜市交通局
  • 株式会社横浜シーサイドライン

バス

  • 株式会社江ノ電バス
  • 小田急バス株式会社
  • 川崎市交通局
  • 川崎鶴見臨港バス株式会社
  • 関東バス株式会社
  • 京王電鉄バス株式会社
  • 京成バス株式会社
  • 西武バス株式会社
  • 相鉄バス株式会社
  • 立川バス株式会社
  • 東急バス株式会社
  • 東京都交通局
  • 東洋バス株式会社
  • 西東京バス株式会社
  • 日立自動車交通株式会社
  • 横浜市交通局

関連記事
モバイルPASMO、2020年春からAndroidスマホで利用可能に クレジットカードでのチャージや定期券の購入が可能

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。