モバイルSuicaが3月21日にリニューアル。iOSからAndroidへの移行や、モバイルPASMOとの共存が可能に

3月21日にモバイルSuicaのリニューアルが予定されている。リニューアルによって、iOSからAndroidへの移行が可能になるほか、「おサイフケータイアプリ」 と連携させることでモバイルPASMOとの使い分けが可能になる。JR東日本が2月10日に発表した。

モバイルSuicaが3月21日にリニューアル

JR東日本は、3月21日にAndroid版モバイルSuicaアプリをスマートフォン向けにリニューアル。端末変更時の手続きをシンプルにするなどの改良が行われる。また同時に、iOS版にも新機能が追加される。

追加される新機能は以下。

クリックで拡大

注目は、iOSデバイスからAndroidデバイスへの機種変更時に、Suicaカードを残高情報とともに移行することができるということ。AndroidからiOSへの移行はこれまでも利用することができたが、ようやくiOS→Androidも利用できるように。

さらに複数枚のSuicaを発行することが可能 (iOSはすでに対応済み) になるだけでなく、「おサイフケータイアプリ」 と連携させることでモバイルPASMOとモバイルSuicaを同一端末内で使い分けできるようになる。Google Payによる決済にも対応する。

iOS、Android版の共通の新機能としては、「定期券購入時の経路表示を改善」 「タッチで GO!新幹線 の利用開始登録ができるように」 「お知らせ機能の充実」 が挙げられている。

これらのリニューアルは3月21日に行われる予定だ。ちなみに、このモバイルSuicaのリニューアル作業にともない、3月20日(土)午前11時頃から3月21日(日)午前7時頃まで、同サービスを一時停止するとのこと。サービス停止期間中は入金などのサービスが利用できなくなるため、ぜひご注意いただきたい。

関連記事
Suica対応の 「Fitbit Charge 4」 がまもなく発売。JR東日本が告知
iPhone 12 Pro レビュー | 5G対応のカックカク新型iPhone。その魅力とイマイチなところ。MagSafeも試してみた

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。