モバイルSuica、リニューアル作業に伴い3月20日〜21日に一部サービス停止。アプリからチャージが不可に

JR東日本は、先月10日にモバイルSuicaのリニューアルを発表。iOSからAndroidへの移行に対応するほか、「おサイフケータイアプリ」 との連携でモバイルPASMOとの使い分けができるようになる。

リニューアルは3月21日に完了予定となっているが、リニューアル作業に伴い、3月20日〜21日まで一部サービスが停止する。モバイルSuica利用者は注意が必要だ。

リニューアルに伴い、3月20日〜21日に一部サービスが停止

サービスが停止する期間は、既報の通り3月20日午前11時から3月21日午前7時まで。同期間中は、iPhone/Apple WatchのWalletアプリから機種変更やサーバー退避、Suicaの削除などの操作をしないようにと案内されている。

また、メンテナンス中はモバイルSuica自体の利用はできるものの、特定のサービスが一時的に利用できなくなる。具体的に利用できるサービス・利用できなくなるサービスは以下のとおり。

メンテナンス中も利用できるサービス

  • 入金 (チャージ) 済みのSF (電子マネー) 残高の利用
  • 現金チャージ、設定済みのオートチャージ、コンビニチャージ、ATMチャージ等の利用
  • 購入済みの定期券、グリーン券の利用
  • 既に登録済みの連携サービス (タッチでGo! 新幹線、新幹線eチケットサービス等) の利用

メンテナンス中に利用できなくなるサービス

  • アプリからの入金 (チャージ) 、JRE POINTからの入金 (チャージ)
  • 定期券、グリーン券の購入や払いもどし
  • 機種変更、再発行登録、退会等のお手続き
  • 会員メニューサイト (PC) でのお手続き
  • 連携サービス (タッチでGo! 新幹線、新幹線eチケットサービス等) の申込み、登録等

すでに入金済みの残高を利用する分には問題ないとしているが、アプリからの入金はできなくなってしまうため、基本的には前日までに使う可能性のある金額分をあらかじめチャージしておくことをオススメする。

もし万が一残高が必要になったら、現金チャージやコンビニチャージなどは利用できるのでそれらを使うのも手だ。

ちなみに、メンテナンスは21日の午前7時には終了するが、終了後にアプリの更新に時間を要する場合があるとのことなので、午前7時きっかりに利用できるようになるわけではない点にも注意が必要だ。

関連記事
モバイルSuicaが3月21日にリニューアル。iOSからAndroidへの移行や、モバイルPASMOとの共存が可能に

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。