MOFT iPad mini 6 Snapケース&スタンドセット レビュー | iPad miniのサイズ感をそのままに、使い勝手を良くするスタンド兼ケース

2021年9月に発売した 「iPad mini (第6世代)」 は、現行のiPadシリーズのなかでもっともコンパクトで持ち運びに優れたデバイスだ。

筆者は現在、iPadシリーズではiPad Pro・iPad Air・iPad miniの3台を所持しているが、この中でもっともお世話になっているのが実はiPad mini。本体がコンパクトなので出先に持っていくことが多く、客先で資料を見せたり、新幹線や飛行機での移動時に調べごとをしたり、動画を視聴したりとなかなかの活躍ぶりだ。

しかし持ち運びの機会が多いということは、擦り傷防止のためのケースが必須。あと、基本は手に持って使うが、たまには立てて使いたい時もあるはず。そんな欲張りなiPad miniユーザーのためのケースとスタンドが兼用できる 「MOFT iPad mini 6 Snapケース&スタンドセット」 が発売している。

今回は同製品のサンプルをMOFTから提供いただき、使ってみることができたので、使い心地やどんな人に便利なのかご紹介したい。

▼ 「MOFT iPad mini 6 Snapケース&スタンドセット」 を購入する
MOFT公式サイト
Amazon.co.jp

デザイン・仕様

「MOFT iPad mini 6 Snapケース&スタンドセット」 は、iPad mini (第6世代) 専用のケース 「MOFT iPad mini 6 Snapケース」 と、マグネットによって装着できるスタンド 「Snap On タブレットスタンド」 がセットになったもの。

今回提供いただいたサンプルのカラーは、ケースがブラック、スタンドがクールグレーだ。

「MOFT iPad mini 6 Snapケース」 はiPad miniをはめ込むようにして使うタイプのケース。側面にTPU素材が使われていて、iPad mini本体を傷や衝撃から守ってくれる。ケースの厚みは10.3mmと薄く、iPad miniの特徴でもあるコンパクトさが損なわれることはない。

Apple純正アクセサリの 「Smart Folio」 のように画面側を覆うカバーはついていないものの、側面が完全に覆われることから、耐衝撃性はSmart Folioよりも高い。ただし重量は140gと重めなので、持ち運んだときにSmart Folio (筆者計測:105g) よりもずっしりと重い印象だ。

iPad miniをはめ込んでみると、ケースの寸法はぴったり。電源ボタンや充電コネクタ部分、端末上下のスピーカー部分はキレイに穴が空けられていて、ケースが干渉してしまうことがない。

音量ボタン部分はケースに覆われてしまう仕様だが、実際に押してみるとカチカチとボタンの手応えが伝わってくるので押しやすくてグッド。

ケース越しだがApple Pencilが充電できている

右側面はケースに覆われているものの、iPad miniの磁気コネクタが使えるようになっていて、Apple Pencilをピタッとくっつけて充電&ペアリングができる。わざわざApple Pencilを使うためにケースを取り外す必要はなし。

左側面にはApple Pencilを収納しておけるスペースが用意されていて、Apple Pencilを使わないときには落とさないようにしまっておくことができる。純正のSmart FolioはApple Pencilを右側面に装着することはできても、収納する部分はないため、この点に関してはMOFTの方が安心感がある。

ぐるりと回して背面へ。背面カメラ部分も寸分の狂いなく穴が空けられていて、カメラやLEDフラッシュにケースが干渉してしまうことはなし。カメラアプリを起動してみたが、ケースが映り込んでしまうことはなかった。

背面の大部分には、しっとりとした触り心地のヴィーガンレザーが使用されている。グリップもしっかり効くので、安心してiPad miniを持ち歩ける。

このヴィーガンレザー部分の内部には金属板が包まれていて、マグネットなどをピタッとくっつけることができる。後述するスタンドはこの部分にくっつける仕様だ。

「Snap On タブレットスタンド」 は、マグネットの磁力でカバーの背面にくっつけて使うスタンド。こちらもケースと同様にヴィーガンレザーが使われている。

マグネットの磁力はしっかりめで、ちょっとした衝撃でケースから外れてしまうことはない。ただし、スタンドを持ち手のように使うことは想定されていないようで、スタンド部分だけを持とうとするとあっさり外れてしまう。落下防止のためにも、あくまでスタンド用途での使い方だけにとどめておこう。

MOFTのアクセサリではお馴染みの折りたたみできるデザインが採用されていて、持ち手のように細くなっている部分をグイッと引っ張り出すようにしてスタンド化する。角度は縦向きにしたときには25°/40°/60°の3段階、横向きにしたときには30°/40°/60°の3段階で調節可能だ。

実際にスタンドを立ててみたところ、スタンド自体に重みがあるからか、どの角度で設置してもiPad mini+ケースの重量をしっかりと支えることができていた。

40°の状態

60°の状態

筆者がスタンドを使用する場面としては、資料や映像を自分で見たり、他人に資料を見せるときなのだが、このときの角度は横向きの60°が便利だった。そのほか、Apple PencilでPDFに文字を書き込むときなどには横向きの30°がオススメだ。

スタンドはケースの背面にマグネットでくっつける仕様なので、使わないときには簡単に取り外しできる。スタンドは厚さ4mm、重量86gと見た目の割に意外と厚め&重めなので、手首に負担がかかりやすい。iPad miniを片手で持って使うときには、スタンドを取り外して使うと楽だ。

本製品を導入してみて一番良かったと感じたのは、iPad miniをバーに持って行くとき。筆者は最近、お酒を飲みながら旅行計画を立てるのにハマっているのだが、バーによってテーブルと椅子の高さが違うため、Smart Folioだとたまに角度が悪く、画面が見づらかったり、操作がしづらいことがあった。これは筆者の経験ではあるが、カフェや自宅などで同じような境遇に陥ったことが誰もがあるはず。

MOFTのケース&スタンドなら3種類の角度に調整できる上に、スタンドの位置も自由に変えられることから、ちょっと狭いテーブルでも快適に文字入力をしたり、調べ物をすることができる。iPad miniのコンパクトさをそのまま活かせるため、テーブルの上がグラスやおつまみでいっぱいになってしまっても安心だ。

まとめ

「MOFT iPad mini 6 Snapケース&スタンドセット」 は、iPad miniをしっかり保護しつつ、スタンドによって使い方の幅を広げられる便利アイテムだ。

特に筆者が気に入ったのはApple Pencilをケースをつけたまま充電できることと、収納スペースがあること。特に収納スペースはApple純正のSmart Folioにはない特徴なので、Apple PencilとiPad miniをセットで持ち歩く人には嬉しい仕様だ。

重量はSmart Folioなどのアクセサリに比べると少し重めではあるものの、その分保護性能が高くなっていると考えれば、筆者としては大きなデメリットとまでは感じなかった。ただし、スタンドを常にケースの裏側につけっぱなしにするのはさすがに重かったため、スタンドは使うときだけ装着するなど工夫して使いたいところだ。

「MOFT iPad mini 6 Snapケース&スタンドセット」 は、MOFT公式サイトで7,680円(税込)で購入可能だ。

▼ 「MOFT iPad mini 6 Snapケース&スタンドセット」 を購入する
MOFT公式サイト
Amazon.co.jp

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。