MOFTのMagSafe対応ウォレット&スタンド レビュー。iPhone 12にマグネット着脱可能なカードケース兼スタンド

iPhoneの背面に装着することでスタンドとして使える上に、ICカードやクレジットカードを収納するウォレットケースとしても利用できるMOFTのスタンド&ウォレットに、待望のMagSafe対応モデルが登場した。

その名も 「MOFT iPhone12 MagSafe対応 ウォレット&スタンド」 。iPhone 12シリーズの背面にマグネットで装着することで、スタンドとしてもカードケースとしても使える上に、価格も3,180円(税込)とApple純正レザーウォレットの半額以下で購入できるコストパフォーマンスの高さが特徴だ。

今回はMOFTから本製品のサンプルをご提供いただき、実際に使ってみることができたため、その使用感を詳細にお伝えする。iPhone 12シリーズを使っている方は、ぜひチェックしていただきたい。

製品仕様について

上記写真が今回紹介する 「MOFT iPhone12 MagSafe対応 ウォレット&スタンド」 。本製品にはブラック、グレー、ブラウン、ブルーの4色が用意されているが、今回ご提供いただいたのはそのうちのブラックモデルだ。

従来モデルとの違い

従来販売されていたMOFTのスタンド&ウォレット 「MOFT X」 は、何度も貼り直せる特殊粘着シートによってiPhoneの背面に取り付ける方式だったが、本製品は磁力でiPhoneに取り付ける方式。マグネットの磁力は強めで、ちょっとした衝撃で外れてしまうことはほとんどない。

iPhone 12 Proのシリコーンケースの上から装着

純正ケースなどMagSafe対応ケースを使っている場合は、ケースを装着した状態でも本製品を装着可能。

スタンド時にMagSafe充電器を挟んで充電している様子

また、本製品とiPhoneの間に純正のMagSafe充電器を挟んで充電しながら使うこともできるなど、MagSafeの特徴を活かした仕様になっているのが特徴だ。

ただし、ケースや充電器がない状態で装着した場合に比べるとマグネットの吸着力がどうしても弱くなってしまうため、落下などには十分注意していただきたい。

デザイン・サイズ・重量

本体にはしっとりとした触り心地のヴィーガンレザーが使われていて、持ったときに滑りくく、手に馴染むような感触がとても良い。革製品ということもあり、耐久性もありそうだ。

本体サイズは64×98mmで、基本的にiPhone 12シリーズの全モデルで利用可能だが、iPhone 12 miniの横幅にぴったり合うのがiPhone 12 miniを多用する筆者個人的にとてもグッド。

iPhone 12 miniに装着すると上記写真、iPhone 12 Proに装着すると下記写真のようになる。

厚さは5mmで、取手部分を引き出した状態にすると上記の写真のようにICカードやクレジットカードを最大3枚まで収納できる。収納するカードにもよるが、3枚収納するとキツキツになってカードが取り出しづらくなってしまうことがあるため、厚みがあるカードを収納するなら2枚だけにすることをオススメする。

マグネットが搭載されていることもあり、重量は40gと少し重め。取り付けた状態で長時間iPhoneを持ち上げていると少し手首の疲れを感じることもあるが、マグネットのおかげで気軽に着脱できるため、使わないときには取り外すなど工夫して使っていきたい。

スタンドとしても利用可能

本体の取手部分を引き出せば、iPhoneスタンドに早変わり。縦向きモード(60°)、横向きモード(60°)、フローティングランドスケープモード(iPhoneだけを横にして縦向き)の3種類の置き方に対応している。

縦向きモードにすると上記の写真のような感じ。デスクに置いて通知などを確認するにはちょうど良い角度で、ほとんどの人が多用するもっともスタンダードな置き方と言えるだろう。

iPhoneとスタンドの両方を倒すように置くのが横向きモードだ。横向きで動画を見るのに使えるが、iPhone 12 miniでは微妙に本体が浮き上がってしまって安定感がないため、iPhone 12 miniでこのモードを使うときは少し不恰好になってしまうことにご注意。

フローティングランドスケープモードは、スタンド自体は縦の状態でiPhoneだけを横向きにする。一見すると安定感がなさそうにも見えるが、スタンドの脚の部分がしっかりしているのでひっくり返ってしまうことはない。このモードならiPhone 12 miniも安定して横向きにでき、動画などを快適に視聴可能だ。

ちなみに少し裏技チックになってしまうが、同スタンドを逆側につけることで20°くらいの傾斜で置くこともできる。推奨されている使い方ではないものの、少し上目から覗き込むようにiPhoneを見たいときには便利に使えるのではないだろうか。吸着方法がマグネットで簡単に角度を変えられるので、20°モード (と筆者が勝手に読んでいる) から通常のモードに変えるのもあっという間だ。

まとめ

MOFT iPhone12 MagSafe対応 ウォレット&スタンドは、カードの収納もできる上にスタンドとしても使える便利アイテム。

Apple純正のレザーウォレットはカードを収納することしかできないが、本製品ならカードを収納しつつスタンドとしても使うことができて一石二鳥。しかも価格は純正レザーウォレットの半額以下と高コスパだ。

また、MagSafeに対応したことで従来の特殊粘着シートタイプよりも簡単に着脱が可能になり、iPhoneを横向きに取り付けるなどマグネットならではの装着方法が使えるようにもなった。iPhone 12シリーズを使っているなら従来製品ではなく本製品を購入するべきだろう。

気になる点としてはスキミング防止機能が搭載されていないこと。クレジットカードなど大事なカードを安全に持ち歩くことを重視するなら、Apple純正のレザーウォレットか、従来の特殊粘着シートタイプを購入した方が良いかもしれない。

MOFT iPhone12 MagSafe対応 ウォレット&スタンドは、Amazonで3,680円(税込)で購入可能。購入は以下から。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。