「モンハンワールド」ニンテンドースイッチ移植に向けて前進??海外スタジオが意欲を表明

ハードウェアのスペック差から、ニンテンドースイッチへの移植は難しいと言われている「モンスターハンター:ワールド」だが、将来的には海外デベロッパーの手によって移植される可能性もあるのかもしれない。

海外スタジオのIron Galaxy StudioのAdam Boyes CEOが、カプコンの「モンスターハンター」開発チームに対して、同作の移植に挑戦させてほしい、とTwitter経由で提案している。

海外スタジオが「モンスターハンター:ワールド」のニンテンドースイッチ移植に意欲

Boyes氏は、もともとカプコンの制作ディレクターを務めていた人物。彼は、Kotakuの記事(モンハンワールドをスイッチに移植させるのは難しいと、カプコンの辻元社長が語ったインタビュー記事)を引用する形で、「ニンテンドースイッチへの移植は(技術的に)難しいことは知っているが、それでも挑戦させてほしい」と投稿。移植への意欲を燃やしている。

この投稿に対し、カプコンの制作サイドから直接的に返信等は行われていないため、移植を実際に依頼するかどうかは分からない。

そもそもニンテンドースイッチと他社のハードウェアではユーザー層が違うことから、「モンハンワールド」をニンテンドースイッチでリリースすることに対して、カプコン自身が積極的ではない様子。単に、ハードウェア間のスペック差が障害であるというわけでもないようだ。

ただし、Iron Galaxy Studioはニンテンドースイッチに、「The Elder Scrolls V: Skyrim」を移植させた実績がある。もし、カプコンが「ニンテンドースイッチ」ユーザー向けに「モンハンワールド」を提供したいと考えが変わった時には、同スタジオに声がかかることもあるかもしれない。

モンスターハンター:ワールド - PS4
カプコン (2018-01-26)
売り上げランキング: 1

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。