『LINE:モンスターファーム』2022年内にリリースめざし開発中。『モンスターファーム』シリーズ最新作がスマートフォンに

4月12日、LINEはスマートフォン向けアプリ『LINE:モンスターファーム』の製作を発表した。プラットフォームはiOS/Android、リリース時期は2022年内を目指す。料金体系は、基本プレイ無料(一部アプリ内課金あり)。

『LINE:モンスターファーム』は、コーエーテクモゲームスが手がける 「モンスターファーム」 シリーズの最新作。スマートフォン向けに開発されており、プレイヤーはIMa所属の新人ブリーダーとして、調教助手とともに個性豊かなモンスターをトレーニングや修行で成長させ、大会での勝利を目指す。

※画面は開発中のものです

『モンスターファーム』『モンスターファーム2』で育てたモンスターたちが最新グラフィックで登場。育成、バトルを楽しむことができる。

また、本作から登場する新種族や新機能も登場。育てたモンスターを各地に遠征に行かせる機能や、複数のモンスターでチームを組み、昇降格を競うブリーダー対抗戦など新要素を追加する。

「モンスターファーム」 シリーズといえば、音楽CDからモンスターを再生する斬新なシステムが人気だったが、本作はLINEならではの新たな再生方法でモンスターを誕生させることが可能できるとのこと。詳細は追って発表するという。

©︎LINE Corporation ©︎コーエーテクモゲームス
(画像:LINE)

LINEは、LINE株式会社の商標または登録商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。