mophie、iPhone X向けのワイヤレス充電対応バッテリーケース「mophie juice pack air for iPhone X」を発売へ

アクセサリメーカーのmophieが、iPhone X用の新型バッテリーケースを用意していることが明らかになった。

mophieはワイヤレス充電規格「Qi」を推進する業界団体ワイヤレスパワーソンコーシアム(WPC)に、「mophie juice pack air for iPhone X」(4171_JPA-IPX-BLK-I)を申請し、2018年3月5日付で認証を取得しているようだ。近いうちに販売が開始される可能性がある。

ワイヤレス充電に対応した初めてのiPhone X用バッテリーケース

今回、mophieが申請をした製品は、iPhone Xに装着することのできるバッテリーケース。ワイヤレス充電規格「Qi」に対応した初めてのiPhone X用バッテリーケースになるとみられ、ワイヤレス充電器の上に置くことで、バッテリーケース本体をワイヤレスで充電することができるものと予想される。

搭載されているバッテリーの容量は1,720mAhと、iPhone 7やiPhone 8向けに販売されている「mophie juice pack air for iPhone 8 / 7(2,525mAh)」に比べて大幅に少なくなるようだ。同バッテリーケースを使用することで、iPhoneでの通話時間を最大9時間伸ばすことができる。

また、同製品は「Basic Power Profile」に対応し、最大5ワットでの充電が可能であるとのこと。残念ながら急速充電には対応しないようだ。

従来製品のカラーラインナップ(一部)

ちなみに、WPCの製品ページには画像が1枚のみ用意されており、ブラックモデルの存在を確認することができる。ただし、従来モデルにはネイビーやゴールド、ローズゴールドなどマルチカラー展開が行われていたことから、新製品も複数のカラーラインナップが用意される可能性がある。

[ via Macお宝鑑定団Blog (羅針盤) ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。