マウスコンピューター、14型ノートPC 「DAIV 4P」 発売。画面占有率92%の4辺ナローベゼルデザイン採用

6月8日、株式会社マウスコンピューターは、クリエイター向けPCブランド 「DAIV (ダイブ) 」 から、新シリーズ 「DAIV 4P」 を発売した。

価格はエントリーモデルが142,780円、標準モデルが153,780円、上位モデルが175,780円となっている (いずれも税込) 。

クリエイター向けノートPC 「DAIV 4P」 シリーズ発売

「DAIV 4P」 は、マグネシウム合金を筐体素材に採用したことで、ブランド最軽量となる約985gを実現したモデル。ACアダプタも小型化とスリム化により、従来製品より約140g軽量化した。

ディスプレイはアスペクト比16:10の14型ノングレア液晶パネルを採用。RGB比100%の広色域パネルにより、WEBサイトの表示や写真・動画編集に必要な色の再現性を高めたとしている。

また、ディスプレイには4辺ナローベゼルデザインが採用されたことで、約92%の画面占有率を実現。高い画面占有率によって没入感が高まり、作業に集中しやすくなる。

プロセッサは最新の第11世代Intel Core i7-1165G7を採用、メモリ容量は最大64GBまで、ストレージ容量は最大2TB SSDが搭載可能だ。

外部インターフェイスには、最大40Gbpsの高速データ転送に対応するThunderbolt 4ポートが採用されており、CFexpress カードリーダー、SSD・RAIDハードディスク、10GbE対応LANアダプタなど多彩な周辺機器の接続が可能。

「DAIV 4P」 は本日から注文受付が開始されており、もっとも安いモデルで142,780円 (税込) 〜となっている。本シリーズはマウスコンピューターの公式サイトや電話通販窓口、マウスコンピューター各ダイレクトショップ、法人営業窓口から購入可能だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。