マウスコンピューター、リフレッシュレート240Hz対応液晶搭載ゲーミングノートPC 「G-Tune H5」 第11世代CPU搭載モデル発売

9月29日、マウスコンピュータはゲーミングPCブランド 「G-Tune」 から、リフレッシュレート240Hz対応液晶を搭載したゲーミングノートPC 「G-Tune H5」 の後継モデルを発表した。

同モデルは9月29日より販売が開始されており、263,780円(税込)から購入可能。BTOに対応する。

ゲーミングノートPC 「G-Tune H5」 の後継モデルが発売

今回発表された 「G-Tune H5」 後継モデルは、最新の第11世代プロセッサ 「Intel Core i7-11800H」 を搭載したフラグシップモデルだ。

最新プロセッサの搭載により、今年4月に発売した 「G-Tune H5」 に比べて、シングルコア性能が約24%、マルチコア性能が約27%向上。高いリフレッシュレートを維持しやすく、ゲームプレイに集中できる環境を提供するほか、バックグラウンド処理の多いゲーム実況配信を快適に行うことができる。

GPUには 「GeForce RTX 3070 Laptop GPU」 を搭載。リアルタイムレイトレーシング向けの演算ユニットである第2世代 「RT コア」 により、光の挙動を瞬時に計算し、現実世界に近い光の反射や影をゲームプレイ中に描画することができる。

また、FPSタイトルなどで求められる 「240Hzのリフレッシュレートに対応した液晶パネル」 「全キー同時押し対応のメカニカルキーボード」 を搭載したことで、常に大会に近い環境で練習を重ねたいeスポーツプレイヤーのニーズに応える。

「G-Tune H5」 の後継モデルは本日から注文受付が開始されており、263,780円(税込)から購入可能だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。