マウスコンピューター、JeSU公認ゲーミングPCを2機種 「G-Tune EN-ZJ / HN-ZJ」 発売。インテル第11世代プロセッサー搭載

3月31日、マウスコンピューターはゲーミングPCブランド 「G-Tune」 から、インテル最新第11世代プロセッサーを採用したJeSU公認デスクトップPC 2機種 「G-Tune EN-ZJ」 「G-Tune HN-ZJ」 を発表。同日より販売開始した。

マウスコンピューターからJeSU公認PCが販売開始

今回発表されたゲーミングPC 2機種は、どちらも一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU) の公認ゲーミングPC。そのうち 「G-Tune EN-ZJ」 は標準モデルで、「G-Tune HN-ZJ」 はハイエンドモデルという立ち位置となる。

Intelの第11世代プロセッサ (Core i7-11700K:8コア/3.6GHz) を搭載し、メモリは32GB。グラフィクスは前者がGeForce RTX 3060、後者がGeForce RTX 3070を搭載する。価格はそれぞれ219,780円、241,780円(税込)。BTOオプションとして、メモリやSSDのアップグレードにも対応する。

筐体は床置きを想定した設計になっていて、天面にはHDMI端子が搭載。水洗いできるマグネット式ダストフィルターを備える。

「G-Tune EN-ZJ」 「G-Tune HN-ZJ」 はプロゲーマー側、eスポーツ大会運営・法人の運用方法に即したPCとして開発された製品。

プロゲーマーは、ゲームに対するレスポンスを重視するため、どちらかというと画質よりもフレームレートの高さを望む傾向がある。そのため、最低画質設定時における最低・平均・最高のフレームレートを計測し、平均で120fps以上の数値が出ていることを公認スペックの要件とする。

一方でeスポーツ大会運営・法人に対しては、映像配信時に60fps以上のフレームレートを必要としないことから、最高画質設定時のフレームレートを検証し、最大固定fpsまたは60fps以上出ていることを更新スペックの要件とした。

ストリートファイターV チャンピオンエディションの検証結果

これらのFPSの数値は、マウスコンピューター公式サイトにて確認することが可能。

現時点ではJeSUプロライセンス認定タイトルのうち、『eFootball ウイニングイレブン 2021 SEASON UPDATE』『グランブルーファンタジー ヴァーサス』『ストリートファイターV チャンピオンエディション』と『DEAD OR ALIVE 6』の4タイトルが検証済み。

さらには『Fortnite』『PUBG (PlayerUnknown’s Battlegrounds)』の検証結果も掲出されている。これらの数値が掲出されていることで、安心して購入することができるはずだ。

検証タイトル

  • eFootball ウイニングイレブン 2021 SEASON UPDATE (海外版)
  • グランブルーファンタジー ヴァーサス
  • ストリートファイターV チャンピオンエディション
  • DEAD OR ALIVE 6
  • FORTNITE
  • PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS

ちなみにマウスコンピューターは、「mouse」 「G-Tune」 「DAIV」 の3つのブランドの製品を最大で33,000円(税込)割引で購入できる新生活応援セールを開催中。気になる方はぜひそちらもチェックしてみていただきたい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。