マウスコンピューター、ハイエンドデスクトップPC 「G-Tune XP-Z」 発売。第12世代Intel Coreプロセッサ、Windows 11搭載

11月5日、マウスコンピューターは新型ゲーミングデスクトップPC 「G-Tune XP-Z」 を発売した。

価格は527,780円(税込)〜。マウスコンピューターWEB サイト、電話通販窓口、マウスコンピューター各ダイレクトショップおよび法人営業窓口にて取り扱う。

新型ゲーミングデスクトップPC 「G-Tune XP-Z」 発売

「G-Tune XP-Z」 は、マウスコンピュータのゲーミングパソコンブランド 「G-Tune」 のなかでも、ハイエンドに属するデスクトップパソコン。第12世代Intel Coreプロセッサ、Z690チップセットの搭載を特徴とする。

12世代Intel Coreプロセッサーは、新開発のワークロード・スケジューラーであるインテル スレッド・ディレクターを備えたIntel初の高性能ハイブリッド・アーキテクチャーを採用したプロセッサ。処理やシングルスレッドの性能を高める高効率性コアと、消費電力と処理効率を最適化する省電力性コアを組み合わせ、インテル スレッド・ディレクターによる両コア連携のワークロード割り当てにより、第11世代Intel Coreプロセッサーと比較して約80%性能が向上している。ゲームをプレイしながらの実況配信等、マルチタスクも快適に行うことが可能だ。

また、最新のチップセットとなるIntel Z690チップセットは、PCI Express 4.0比で1レーンあたり2倍の帯域幅を 実現する PCI Express 5.0に対応。PCI Express 5.0対応のグラフィックスカードなど、今後発売が期待されるPCI Express 5.0対応機器の搭載が可能で、高い拡張性を持つ。

「G-Tune XP-Z」 には、ハイエンドデスクトップパソコンの性能を発揮させるため、シャーシ底面全体を吸気口とすることで冷却性能を確保した。CPUやグラフィックスカードなど、発熱が大きいコンポーネントを効率的に冷却し、高温化した内部空気をシャーシ背面上段および、中段から排気する自然かつ合理的なエアフローを採用している。

「G-Tune XP-Z」 は購入時点におけるカスタマイズ (BTO) に対応している。一例としてIntel Core i9-11900Kプロセッサー、GeForce RTX 3090、32GB (16GBx2)、M.2 SSD(2TB/NVMe)、4TB HDD、DVDスーパーマルチドライブ、Windows 11を搭載した構成で527,780円(税込)~となる。

購入は、マウスコンピューターWEB サイト、電話通販窓口、マウスコンピューター各ダイレクトショップおよび法人営業窓口から可能だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。