左右一体型ワイヤレスイヤホン「Mpow S9」レビュー

これまで当サイトでは、多数のワイヤレスイヤホンを紹介してきた。中には音質重視の高価なものもあれば、初めて使う人でも購入しやすい安価なものもあったが、紹介するたび、大なり小なり反響があったように思う。

そして、今回は上記の2種類のうち、どちらかというと安価なBluetoothイヤホンを紹介しようと思う。

スマホアクセサリを販売するMPOWから、8月に発売したばかりのBluetoothイヤホン「MPOW S9」を提供していただくことができた。

こちらの製品はAmazonで約2,000円と安価で、ワイヤレスイヤホンをあまり使ったことのない初心者の方でも購入できる手軽さが魅力なのだが、その音質やつけ心地はどの程度なのか。安価なBluetoothイヤホンを探している方向けに詳細をレビューでお伝えしたいと思う。

わずか2,000円で買える左右一体型のワイヤレスイヤホン「MPOW S9」

今回紹介する「MPOW S9」は、左右のイヤホンがケーブルで一体化したワイヤレスイヤホンだ。

形状は耳の奥に差し込んで使う、いわゆる「カナル型」。ノイズキャンセリング機能は搭載されていないものの、耳の穴にはめ込むようにして装着するため周囲の音をある程度シャットアウトすることができる。

イヤホンにはイヤーフックが備え付けられており、動いても外れないように、耳の内側でイヤホンを固定することが可能だ。

実際の装着感はそこそこ良好。ただ、筆者の耳の形の問題なのか左右イヤホンのうち「左」はぴったりとハマったのだが、「右」はややハマりが悪かった。同製品にはS/M/Lサイズの交換用イヤーフックが用意されているため交換してみたのだが、それでもやや耳にフィットしない。

試しに友人に装着してもらったところ、着け心地には問題ないとのことだった。さらに各所のレビューを確認してみたが、装着感に違和感を感じているという声もあまりなかったため、おそらくほとんどの場合で問題はないと思う。単に相性の問題だったとだと思うが、筆者の場合に限っては完璧な装着感を得ることはできなかったようだ。左側の耳にピッタリとハマっただけに、その点は少し残念。

イヤホンにはマグネットが内蔵されているため、使用しないときに首にぶら下げたとしてもイヤホンを落とす心配もない。最近では、ワイヤレスイヤホンの定番となったマグネット機能だが、ないと不便なのでグッド。

MPOW S9」の魅力のひとつに「IPX6」のそれなりに高い防水性能がある。雨の中でのランニングや汗をかきながらのアクティビティなどが可能で、スポーツ向けとしてはかなり優秀。もちろん、水没は避けたほうがいいが、シャワールームなど湿度の高い場所で使っても問題ないはずだ。

ちなみに、ケーブル途中にはリモコンが用意されていて、電源のオン・オフがとても簡単。また、音量の調節や曲のスキップも可能で、スマホを取り出すことなく音楽の再生コントロールができる。リモコンの形状もシンプルなので曲送りをする機会の多い人には重宝しそう。

さて、ここからは肝心な音質に触れていこう。同製品はAAC/apt-Xコーデックに対応しているため、iPhoneやAndroidで音楽を再生すると遅延や劣化の少ない音質を楽しむことができるが、前提として「MPOW S9」の価格は2,799円、クーポン利用で2,000円ピッタリと安いため、当然ながら1万円を超える高級イヤホンとはクオリティが大きく異なる。

低音域から高音域まで満遍なく表現できているとはお世辞にも言い難く、低音はどちらかというと弱め、高音はシャリシャリという音が曲によっては聴こえることもある。決して音質が低いという訳ではないのだが、やはり高音質を謳う高級イヤホンにはどうしても負けてしまう。

ただし、それは高級イヤホンと比べた時の評価で、低価格であることを踏まえた時の筆者の個人的な感想を言わせてもらえば「価格相応」といったところ。個人的にはもう少しダイナミックさが欲しかった気もするが、割とバランス良く音が出ているので、特定の音楽ジャンルでの向き不向きはあまり考える必要はないだろう。

どちらかというと高い音質を期待するのではなく、ワイヤレスイヤホンを安価に導入できることや、防水性能などを考慮してスポーツ・アクティビティ時に使えるというのが同製品の一番の魅力だと思っている。


個人的に「MPOW S9」で最も気に入ったのは「コンパクトさ」。ワイヤレスイヤホンといえば、イヤホンだけでなくバッテリーを搭載しているため、やや製品サイズが大きくなりがちだが、同製品はケーブルを含め小さく、細く、とてもコンパクトだ。ポケットに入れたとしても全く邪魔にならないサイズ感になっているため、コンパクトなイヤホンを求めている方にはオススメできる。

MPOW S9」は、左右が一体化したワイヤレスイヤホン。最近ではAirPodsのような完全ワイヤレスイヤホンが増えているため、ある意味では旧来型とも呼べるのかもしれないが、完全ワイヤレスイヤホンにはない特徴もあるため、筆者は依然として左右一体型のワイヤレスイヤホンが好きだ。

音質はややダイナミックさに欠け、物足りなさを感じることもあるものの、スポーツ利用できることやコンパクトであることなど良い点もいくつかある。価格も2,000円ととても安く購入できるので、安価にワイヤレスイヤホンを導入したいなら、Mpowのワイヤレスイヤホン「S9」を使ってみてはどうだろうか。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。