『Microsoft Flight Simulator』がXbox Cloud Gamingに対応。Xbox One、スマホ、タブレットなどでプレイ可能に

3月2日、Microsoftはフライトシミュレーター『Microsoft Flight Simulator』がXbox Cloud Gamingに対応したと発表した。

これにより『Microsoft Flight Simulator』は、Xbox Series X|S、PCだけでなく、Xbox OneやスマートフォンやタブレットなどXbox Cloud Gamingに対応したデバイスでもプレイ可能になった。ちなみに、Xbox Oneでは最大1080p/30fpsでプレイできる。

また、本来要求スペックが高い本作ではあるが、クラウドを介して動作するXbox Cloud Gamingであれば、低スペックなPCでもプレイすることが可能。ストリーミングでのプレイが基本となるため、ストレージ容量を節約できる点も魅力と言える。

『Microsoft Flight Simulator』のマルチプレイも利用可能。Xbox Series X|Sなど他プラットフォームともクロスでプレイすることができる。

Xbox Cloud Gamingとは、Xbox Game Pass Ultimate加入者向けに提供されているクラウドゲームサービス。クラウドを利用して、スマートフォンやタブレット、PCのブラウザ上でXbox Game Passライブラリにあるゲームを遊ぶことができる。Xbox Series Xベースのサーバーで実行したゲーム映像を、ネットワークで各デバイスにストリーミングする形でプレイするため、ゲームのインストールは不要。解像度は最大1080p/60fps。

対応デバイスは、Windows 10およびXbox Series X|S、Xbox One、iPhoneやiPad(WEBブラウザ経由)、Androidデバイス。

(画像:Microsoft)

Microsoft、Series X ロゴ、Series S ロゴ、Series X|S ロゴ、Xbox One、Xbox Series X、Xbox Series S、Xbox Series X|S は Microsoft グループ企業の商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。