マイナンバーカードのiPhone搭載、2024年以降になる見通し。Androidは2023年5月11日から

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

マイナンバーカードのiPhoneへの搭載は、早くて2024年以降になることがわかった。21日、ANNが独自情報として伝えた。

マイナンバーカードのスマートフォン搭載については、カードの普及を高めるため政府が積極的に推進している。Androidへの搭載は2023年5月11日を予定しているのに対して、iPhoneへの搭載については未定となっていた。

ANNによると、複数の政府関係者は 「技術的な課題がある」 とし、iPhoneへの搭載が2024年以降になる見通しであるという。

(画像:Tim Cook/Twitter)

今月中旬にティム・クックCEOが来日した際、岸田総理大臣はクックCEOと面会。その際に、マイナンバーカードをiPhoneに搭載できるよう対応を要請していた。

マイナンバーカードの申請率は今月18日時点で63.7%に達しているが、政府としてはさらに普及を高めたい考え。

マイナンバーカードを取得することで貰える2万円分のマイナポイントが好評で申請者が増えており、各市町村の窓口は対応に追われている。発行に遅れが出ていることを鑑みて総務省はマイナポイントの付与対象となる期限を2022年12月末から2023年2月末に延長している。

関連記事
マイナンバーカードのスマホ内蔵、2023年5月11日より開始。iPhoneについては決まり次第

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。