nasne、生産体制の強化により販売在庫が安定的に。今後も生産を強化

発売以降しばらく品薄が続いていたバッファロー製ネットワークレコーダー&メディアストレージ 「nasne」 は、生産体制の強化により販売在庫が安定的になってきたことがわかった。

8月25日、バッファローはnasneの現在の在庫状況について報告した。これまで購入できなかった方も、ようやく普通に購入できるように。

バッファローは年末に向けさらに生産体制を強化する方針。少しでも多くのユーザーに、nasneを届けたいとしている。

新型nasne、生産体制の強化により安定供給が可能に

新型 「nasne」 は、2012年にSIEから発売したハードディスク・レコーダー機能搭載ネットワークストレージ 「nasne」 をバッファローが事業継承によって新たに発売するモデル。

地上・衛星(BS・110度CS) の3波のデジタルチューナーを搭載し、番組の視聴や録画による視聴をPS4で可能にする。また、ネットワークを介することで自宅外からでも番組を視聴できる。

内蔵ストレージ容量は2TBで、最大6TBの外付けストレージをサポートするため、合計8TBのストレージを利用できる。

現時点ではPS4などをサポートするが、2021年末商戦期にはPS5向けにTVアプリケーション 「torne」 が配信予定。nasneとPS5を組み合わせてテレビ番組を視聴できるようになる。

また、今年7月にはシステムソフトウェアのアップデートを実施。「みまもり合図 for nasne」 「nasne向け録画番組引越しサービス」 「バッファロー正規データ復旧サービス」の3つの新機能に対応した。

関連記事
PS5用 「torne」 アプリ、2021年末商戦期に向けて配信。バッファローのnasneは3月末に発売予定

©Buffalo Inc.

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。