オバマ氏、Netflixと数年契約でオリジナル番組制作へ AppleやAmazonは元大統領の獲得できず

今年3月、大手映像配信サービス「Netflix」は、オバマ前大統領とともに独自の番組作りを開始すると報じられていたが、それは近いうちに実現する模様だ。

The New York Timesの報道によると、Netflixはオバマ前大統領と数年に及ぶ契約にサインすることに成功。オバマ氏と元大統領夫人であるミシェル・オバマ氏とともに、独自映画などの映像コンテンツを制作する。

オバマ前大統領とミシェル夫人がNetflix向けに独自コンテンツを制作

オバマ氏たちが手がける映像コンテンツは、フォックスニュースのような保守的なメディアと言い争いをしたり、現職大統領に対する批判を言うためのものではなく、8年間に及ぶオバマ氏の大統領時代を追うドキュメンタリー番組であるという。

オバマ夫妻は映像コンテンツ制作のために「Higher Ground Productions」という制作会社を立ち上げた。また、Netflixから受け取るギャランティーの額は明らかになっていないが、NYTによると著名人との数年間に及ぶ契約は数千万ドル(数十億円)級になる可能性があると言う。

アメリカ建国から240年の歴史の中で、前大統領が自ら番組を作る、というのは前例がなく、全米ではかなりの話題となっている。そもそも大統領在任中の出来事について元大統領自らがジックリと語る機会も意外と少ないだけに、Netflixの新番組にはかなりの注目が集まりそうだ。

ちなみに、オバマ大統領との契約についてはNetflixだけでなくAppleやAmazonなども狙っていたようだが、Netflixが契約に成功したことによってそのチャンスを逃したことになる。Appleは「Apple Music」の加入者を増やすために、独自制作の映像コンテンツを供給する予定だが、その予算は10億ドル(年間?)とも言われている。

[ img via The New York Times ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。