Netflix、スタジオジブリ作品を世界で配信開始へ ただし日本・米国・カナダは対象外

現地時間1月19日、Netflixはスタジオジブリの21作品の配信を2月1日から順次開始することを発表した。配信は世界中で開始され、最大28の言語の字幕や最大20の吹き替えが用意される。ただし日本・米国・カナダの3カ国は配信対象外だ。

配信が行われるタイトルならびに配信スケジュールは以下のとおり。

2月1日
・天空の城ラピュタ
・となりのトトロ
・魔女の宅急便
・おもひでぽろぽろ
・紅の豚
・海がきこえる
・ゲド戦記

3月1日
・風の谷のナウシカ
・もののけ姫
・ホーホケキョ となりの山田くん
・千と千尋の神隠し
・猫の恩返し
・借りぐらしのアリエッティ
・かぐや姫の物語

4月1日
・平成狸合戦ぽんぽこ
・耳をすませば
・ハウルの動く城
・崖の上のポニョ
・コクリコ坂から
・風立ちぬ
・思い出のマーニー

今回の配信開始に関して、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーは 「この時代には映画が観客に届く様々な素晴らしい方法があります。ファンの声に耳を傾け、映画カタログをストリーミング配信する決定を下しました。世界中の人々がスタジオジブリの世界を発見することを願っています。」 とコメントしている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。