13インチ「MacBook」、6月の「WWDC 2018」で発表か

今月初め、これまでAppleの新製品を高い精度で予測し続けてきた著名アナリストMing-Chi Kuo氏が、今年4~6月に「MacBook Air」の新型モデルが登場すると予想した。彼によると、新型モデルは従来よりも安い価格で販売される予定で、799ドルから899ドルで販売されると予想されている。

しかし、DigiTimesはKuo氏とは少々異なる情報を持っているようだ。今年6月、Appleは新型「MacBook Air」ではなく、新型「MacBook」を世に送り出すつもりなのかもしれない。

現地時間12日に、同メディアは、Appleが投入しようとしているのは「MacBook」13インチモデルで、この端末は2018年第2四半期後半に発表されると報じている。Appleは開発者向けイベント「WWDC 2018」を6月に開催するとみられているため、時期的には同イベント内で発表される可能性が高い。

「WWDC 2018」で13インチ「MacBook」が登場か

DigiTimesによると、新型「MacBook」 は13.3インチのRetinaディスプレイを搭載(解像度は2,560×1,600)。価格は「MacBook Air」と同程度もしくは僅かに高くなるとのこと。

ちなみに、新型「MacBook」のディスプレイはLG Displayが供給、5月末か6月初旬にも量産が開始されるとのことだ。

DigiTimesの報じる13インチ「MacBook」
  • 13.3インチRetinaディスプレイ(解像度2,560×1,600)
  • 価格は現行の「MacBook Air」と同程度もしくは僅かに高く
Ming-Chi Kuo氏の伝える新型「MacBook Air」
  • デザイン変更の有無は不明
  • 価格は従来よりも安く799ドルから899ドル

DigiTimesが伝えるところによると、13インチ「MacBook」はMacBookシリーズのエントリーモデルになる。つまり、現行の「MacBook Air」を置き換える存在になるということだ。

名称が「MacBook」になるならば、おそらく「MacBook Air」よりもコンパクト化したモデルになる可能性が高く、イメージは12インチ「MacBook」を一回り大きくしたようなモデルになるだろう。

ただし、この報道には僅かに疑問もある。この疑問を説明する前に、まずはMacBookの現状のラインナップをご覧いただきたい。

製品名 画面サイズ 価格
MacBook Air(廃止予定?) 13インチ 98,800円~
MacBook 12インチ 142,800円~
MacBook? 13インチ 98,800円~?
MacBook Pro 13インチ 142,800円~
MacBook Pro 15インチ 258,800円~

現在のMacBookの価格は上記の通りになっている(全て税別)。

Appleは古くなった「MacBook Air」を置き換えるために新型MacBookを用意している可能性は非常に高いわけだが、「MacBook」の12インチモデルと13インチモデルの2種類を用意するとして、13インチモデルの方が安く、12インチモデルの方が高い、そんな値段設定はあり得るのか

もし、現行の「MacBook Air」と同程度の価格で登場するならば、新製品は新型「MacBook Air」として登場するのではないだろうか。もしくは、12インチ「MacBook」も同時に値下げされる可能性もあるが、そのような情報はまだどこからも出てきていない。

残された可能性としては、DigiTimesの言う新型「MacBook」が、Kuo氏の伝える新型「MacBook Air」と同じモデルを指しているというものだが、同メディアはこれまでも製品名を明言してこなかった経緯もあるため、今回もどの製品ラインナップを指しているのか不明瞭だ。

いずれにしても、Appleが新製品を出すとなると、世界から注目が集まる。6月に発表される新型モデルは、いったいどのような端末になるのだろうか。今後の情報に注目したい。

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。