Apple、2つの未発表iPadをEECに登録 10.2インチモデルを含む全7種類のiPadが今秋登場か

今月11日に、5種類の未発表のiPadがEEC (ユーラシア経済委員会) に登録されたことをお伝えしたが、さらに2種類の未発表iPadが同委員会のリストに登録されたことがわかった。

これによってAppleは全部で7つのiPadの発売を控えていることがわかる。発売時期は不明だが、おそらく今秋に発売すると予想される。

新型iPadが2019年9月以降に発売か

EECは、ロシアやカザフスタンなどが属するユーラシア経済連合の管理機関。ユーラシア経済連合の地域で暗号化された技術を採用した製品を販売する際、同管理機関にデバイスを事前登録する必要がある。もちろんAppleも例外ではなく、新製品を出す数週間~数ヶ月前にEECに未発表デバイスを登録するのが通例だ。

↑クリックで拡大

今回、EECのリストに登録されたiPadのモデルナンバーは 「A2200」 「A2232」 の2種類。この2つのiPadは 「iPadOS (iOS 13)」 が搭載されているとリストに記載されている。同iPadOSは今秋リリース予定であることがAppleからアナウンスされているため、それ以前に発売することはあまり考えられず、発売は9月以降になる可能性が高い。

今月11日に見つかった5つの未発表iPadも、依然として発売には至っていない。11日に見つかった未発表iPadのモデルナンバーは 「A2068, A2197, A2198, A2228, A2230」 だったが、EECリストにはいずれもiPadOSが搭載されたモデルであると記載されていたため、今回見つかった2つのiPadを含めた7種類のiPadは今秋に同時リリースになるかもしれない。

ちなみに、11日に発見された5種類のiPadについても再登録されており、macOS 10.15 (Catalina) と記載されているが、iPadにmacOSが搭載することはありえないため、おそらく法的要件として書かされているものと予想される。ちなみに、macOS 10.15も2019年秋リリース予定だ。

今月11日に見つかったもの 今月27日に見つかったもの
A2068, A2197, A2198, A2228, A2230 A2200, A2232

新型iPadは噂の10.2インチモデル?

それぞれのiPadの内訳は不明ながら、これまでの傾向や情報を踏まえると、この2つのiPadは9.7インチiPadの後継モデルである可能性が高い。噂の10.2インチの画面を搭載したiPadである可能性もある。

10.2インチiPadは9.7インチiPadの画面を大きくしたモデルで、詳細なスペックなどは分かっていないが、前モデル 「9.7インチiPad」 よりは性能が高く、iPad Proよりは性能が低いミドルクラスあるいはエントリーモデルになるとの予想だ。すでに各方面から存在が伝えられているため、Appleが発売を控えているのはほぼ間違いないとみられる。

しかし、この10.2インチiPadだけで7種類のiPadを網羅するのは、ストレージやセルラーの有無だけでは不可能だろう。そうなると、Appleは10.2インチiPadのほかにも新型iPadを用意している可能性がある。具体的には昨秋に発売したiPad Pro(2018)の後継モデルである可能性。

ほとんど情報がない状態だが、今年に入ってからAppleは多数の製品のアップデートを行なっていることから、iPad Proにも2019年モデルが投入されてもおかしくはないだろう。

関連記事
今秋に新型iPadが登場へ 複数の未発表iPadがEECに登録されたことが判明
Apple、10~12インチの新型iPadを開発中 2020年Q4から2021年Q1までにリリースか

[ via AppleInsider ]

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。