HomePodが2023年に復活か。HomePod miniの新型モデルも投入検討中との情報

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Appleは、スマートホーム市場のシェアを伸ばすため、HomePodシリーズのテコ入れを考えているのかもしれない。

Appleの未発表製品に関する情報で最も精度が高いことで知られる、米メディアBloombergの著名記者Mark Gurman氏が、自身のニュースレター 「Power On」 の最新号で、HomePodシリーズに関する最新情報を伝えている。

Mark Gurman氏によると、Appleは2021年に販売を終了した「HomePod」 の新型モデルを投入し、さらに 「HomePod mini」 にも新型モデルを投入する計画があるとのことだ。

まず、HomePodについて。前述のとおり2021年に販売が終了したスマートスピーカー、価格面で苦戦し、初代モデルながら後継機種の投入を待たずに 「販売終了」 という選択肢を取らざるを得なかった、Appleにしては珍しい製品だが、これの新型モデルが2023年に投入されることになるとのこと。

製品の特徴はSoCとしてS8チップを搭載すること、天面にマルチタッチに対応したスクリーンを搭載する予定だという。発売時期は 「2023年初頭」 とされていることから、3月頃の発売になるだろうか。

HomePod miniについては詳細は不明だが、大きな変化はなくマイナーアップデートになる可能性が高いとMark Gurman氏は伝えている。

さらに、スマートホーム系のデバイスとしては、Appleはいくつかの新製品を開発しており、新型Apple TVのほか、iPadにロボットアームをつけたキッチン向けデバイス、Apple TVとFaceTimeカメラ、スピーカー等を統合したホームハブデバイスなどを計画しているという。これらのすべてが市場に投入されるかは不明だが、少なくともこれらのうちひとつは2023年~2024年初頭にも投入されることになるだろう、とMark Gurman氏は予想している。

前述のとおり、Mark Gurman氏はAppleの未発表製品に関する予測精度が高いことで定評がある人物。当のAppleも、ここ数年で製品ラインナップを大きく変えてきている節があることから、またもやMark Gurman氏の予想が当たってしまうのだろうか。もし事実であれば今秋~2024年にかけて、Appleは多数の新製品を投入することになりそうだ。

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。