iOS 14に新型iMacのアイコンが存在?ベゼルレスの新デザインが特徴と噂

Appleの次期iOS 「iOS 14」 のデータが流出し、新製品や新機能などの情報が次々と明らかになっているが、そこから新型iMacに関する情報が見つかったと、とあるユーザーから報告を受けた。

今回の情報は筆者のフォロワーさんであり、これまでいくつかのリーク情報を提供しているあおいカニ(@blue_kanikama)氏からのもの。同氏は今月13日、前述の流出したiOS 14から新型iMacとみられるアイコンを発見したと、当サイト宛に報告してくれた。

流出したiOS 14から新型iMacのアイコンが発見

上記が発見されたiMacのアイコン。流出した 「iOS 14」 (開発中のもの) に存在するHandoffのファイルから発見したとのことだ。

アイコンを見るとディスプレイ下部のスペース (Appleのロゴが入っている “顎” の部分) がほぼなくなっていて、デバイス全面が画面になっていることがわかる。

左:発見されたアイコン / 右:現行iMacのアイコン

あおいカニ氏はこの画像を自らのTwitterアカウントで報告しているが、ほかユーザーからは 「(このツイートだけでは) iMac確定とは言えないのではないか」 という意見も寄せられていた。しかしあおいカニ氏はアイコンが見つかったフォルダやそのフォルダに入っているデータなどから、これは外部ディスプレイを指すデータではないこと、さらにファイル名に 「Mac」 と明記されていることからほぼ新型iMacで確定と考えているようだ。

アイコンの発見場所(クリックで拡大)

新型iMacに関しては、各リーカー・メディアの情報ではWWDC20での発表が濃厚とされている。大きなデザイン変更が行われるとも噂されていることから、このアイコンが新型iMacである可能性は確かにありそうだ。

ただし、あくまで名称が 「Mac」 となっていること、さらにはシステム上のアイコンは簡易化されている可能性があるため、新型iMacのデザインが上記のアイコン通りになるかどうかはわからない。

果たしてiMacはWWDCで発表されるのだろうか。WWDC20は6月22日(日本時間6月23日午前2時)に開幕予定。おそらく発表されるのであれば最初の基調講演のときであると予想される。

関連記事
新型iMacやiPad Airは2020年後半に発売。8.xインチiPad miniとミニLEDディスプレイ搭載iPad Proは2021年前半:DigiTimes報道
次期iMac、WWDC20で発表?iPad ProとPro Display XDRに近いデザインを採用、Fusion Driveは廃止か?

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。