「iOS 12 beta」で新型ベゼルレスiPadのアイコンが発見され登場はほぼ確定へ ノッチもない完全ベゼルレス仕様に?

我々、iPadフリークが楽しみにしている新型「ベゼルレスiPad」に関する新たなヒントが「iOS 12 beta」から発見された。

Appleは7月31日、開発者向けに最新ベータ「iOS 12 beta 5」を公開したが、同ベータに同梱されているアイコンの中に、新型ベゼルレスiPadのものとみられる画像が存在することがわかった。開発者のGuilherme Rambo氏が発見した。

ベゼルレスiPadの登場はほぼ確定

上画像が実際に見つかったアイコン。左が従来型のiPadで、ホームボタンや太いベゼルが存在する。しかし、右のアイコンは今までのApple製品に該当するものはない。ホームボタンがないどころか、ベゼルも存在しない。これは、Appleが自らベゼルレスiPadが登場すると言っているのと同義だ。

ただし、気になるのはiPadの上部にノッチ(切り欠き)が存在しないこと。一足早くベゼルレスを実現したiPhone Xの場合は、ホームボタン兼Touch IDの代わりにFace IDを搭載する必要があったため、画面上部に切り込みを設けて、ノッチを配置していたが、iPadの場合はノッチすらも存在しないのだろうか。

それではFace ID用のTrueDepthカメラはどこに配置されるのだろうか。その謎は依然として解明されていないが、おそらくiPhone Xよりはベゼル幅が太くなるなどして、配置場所を作る予定なのではないだろうか。

ちなみに、Face IDの搭載については同ベータ版で証拠も上がっており、ほぼ確実。そのため、ベゼルレスiPadの登場はほぼ確定したと言える。今後は、どのようにFace IDを実装するのか、いつ発売するのかに焦点が移っていきそうだ。

[ via 9To5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。