Apple、iPad mini 5とiPad (第7世代)を2019年前半に発売へ 台湾メディア報じる

2019年夏までに、Appleは2種類のiPadを発売するつもりのようだ。

以前から噂されている期待の新型iPad mini、通称 「iPad mini 5」 は、既報の通り、やはり2019年前半に発売する予定。また、エントリーモデルとして販売されているiPad (第6世代) の後継モデルも、2019年前半に発売する予定とのこと。台湾メディアDigiTimesが報じた。

次期iPad・iPad miniが2019年前半に登場予定

同メディアによると、2つのタッチパネルのサプライヤーが2種類の新型iPad用のコンポーネントを供給予定であるという。2つの会社とは台湾を拠点とするGeneral Interface Solution(GIS)社とTPK Holding社。これらのコンポーネントは、前述のiPad (第7世代) と iPad mini 5 のものであるとのことだ。

iPad (第7世代) に関しては、これまでも細かい噂が出ているが、発売時期や仕様に関する具体的な話が出たケースはとても少ない。参考までに中国メディアChina Timesは、次期エントリーモデルの登場を予測しており、採用される画面は9.7インチではなく10インチになると予想している。もしかすると、iPad Pro (2018) のようにベゼルが狭く、側面が直角のデザインになる可能性がある。さらに言うと、第2世代Apple Pencilにも対応する可能性も出てきた。

これまでAppleは、iPad(第5世代)、iPad (第6世代) と2年連続でその年の前半に登場させてきた。このことから、2019年も新型モデルが投入される可能性は十分にあり得る。どんな端末になるのか、多くのユーザーが期待しているはずだ。

また、iPad mini 5に関しては著名アナリストも2019年前半の発売を予想しているため、登場はほぼ濃厚。小型なiPadを購入したい方は焦って旧型のiPad mini 4を買わずに、新型モデルの登場を待ってみるといいかもしれない。

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。