新型iPad Airと新型iPad miniのRAM容量は3GBか ベンチマークスコアが明らかに

3月18日、Appleは突如公式サイトをアップデートし、新型 「iPad Air」新型 「iPad mini」 を発売した。

公式サイトで公開されているスペック表によると、どちらのiPadにもプロセッサとして 「A12 Bionic」 チップが搭載されていることが判明しているが、このうちの片方のものと思われるベンチマークスコアがGeekbenchで発見されている。

新型iPad Airと新型iPad miniのRAM容量は3GB?

新型iPad AirもしくはiPad miniのものと思われるベンチマークスコアがGeekbenchに掲載されたのは、Appleが両iPadを発表した後すぐのこと。

モデルナンバーは 「iPad11,2」 で、シングルコアスコアは4806、マルチコアスコアが11607、クロック周波数は2.49GHzと表示されている。このシングルコア・マルチコアスコアやクロック周波数が同じく 「A12 Bionic」 チップを搭載した 「iPhone XS / XS Max / XR」 と一致したことから、同ベンチマークスコアが新型iPad Airもしくは新型iPad miniのものであると推測されている。ただし、どちらのベンチマークスコアであるかは現時点では判明していない。

発見されたベンチマークスコアには、RAM容量が3GBと記載。「iPhone XS / XS Max」 は4GBだったが、それよりも1GB少ないRAM容量になっているようだ。

ちなみに、iPhone XS/XS Maxの下位モデル 「iPhone XR」 のRAM容量は3GB。そしてベンチマークスコアもシングルコアとマルチコアも今回見つかったものと近い数字になっているため、新型iPadの性能はiPhone XRとほぼ同じと考えて良いかもしれない。

まだもう片方の新型iPadのベンチマークスコアは明らかになっていないが、両iPadの性能はかなり似ていることから、新型iPad Airと新型iPad miniのRAM容量はどちらも3GBで、シングルコア・マルチコアスコアもそれぞれ4800/11500程度になっていることが予想される。

また、もしこのベンチマークが本物だとするなら、両iPadの登場と同時に販売終了となった10.5インチ 「iPad Pro」 や 「iPad(第6世代)」 を超える性能を持っていることになる。ベンチマークスコアの比較は以下に掲載しておくので、購入を迷っている人はこの結果を参考にした上で、もう少し悩んでみてはどうだろうか。

  シングルコアスコア マルチコアスコア
新型iPad Airもしくは新型iPad mini 4806 11607
10.5インチiPad Pro 3916 9344
iPad(第6世代) 3484 5935
▶︎ Apple公式サイトで新型 「iPad Air」 を購入
▶︎ Apple公式サイトで新型 「iPad mini」 を購入
▶︎ 「iPad Air」 のアクセサリをチェック ( Smart Keyboard / Smart Cover )
▶︎ 「iPad mini」 のアクセサリをチェック ( Smart Cover )
▶︎ 「iPad Pro」 「iPad(第6世代)」 など他のiPadと性能を比較 → iPadのモデルを比較

関連記事
Apple、新型 「iPad Air」 発表 画面が10.5インチに大型化、Apple PencilとSmart Keyboardに対応
Apple、新型 「iPad mini」 発表 Apple Pencilに対応した待望の新型モデル
Apple、「10.5インチiPad Air用Smart Keyboard」 発売 価格は17,800円(税別)
Apple、「iPad Air Smart Cover」 を発売 価格は5,800円(税別)
Apple、「iPad mini Smart Cover」 を発売 価格は4,500円(税別)

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。