新型 「iPad mini」、早ければ10月30日のイベントで発表か AirPowerは2018年第4四半期後半か2019年初頭に発売

10月30日、Appleは米ニューヨークで新製品発表イベントを開催する。同イベントでは新型iPad Proや13インチMacBookが発表されると噂されているが、さらに新型「iPad mini」が発表される可能性もあるようだ。

TF International SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏が、30日のイベントで発表される新製品に関するレポートを公開している。

新型iPad miniが早くて10月30日のイベントで発表か

Kuo氏のレポートによると、30日のイベントではUSB-Cポートを搭載した2サイズの新型iPad Proや新しいデザインになった新型Apple Pencil、そして低価格MacBookに、プロセッサがアップグレードされたiMacやMac miniなど、少なくとも3種類のMacが発表されるという。

さらに、これらの新製品に加えて、プロセッサと低コストのパネルを搭載した新型「iPad mini」が登場する可能性もあるとのこと。これについては30日のイベントで必ず発表されると決まったわけではないが、同イベントで発表されなければ来年春のイベントで発表されることになるとKuo氏は予想しているようだ。

また、純正ワイヤレスマットの「AirPower」やワイヤレス充電に対応した「AirPods」もまもなく発売に。Kuo氏によると、今年の第4四半期後半(11月から12月)もしくは来年の第1四半期前半(1月から2月)に発売する可能性があるとのこと。

「iPad mini」に関しては、「iPad mini 4」以降アップデートが行われておらず、小型のiPadを好むユーザーからはアップデートを切望する声が上がっている。まずは日本時間10月30日23時から開催される新製品発表イベントで発表される可能性があるとのことなので、気になる方はぜひイベントのライブストリーミングを視聴してみよう。

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。