Apple、今月30日に新型iPad Pro、MacBook、 Mac miniを発表予定 Bloomberg報じる

Appleが10月30日に米ニューヨークのブルックリンで開催する新製品発表イベントでは、やはり新型iPad Proや低価格MacBook、プロ向けMac miniが発表されることになりそうだ。Bloombergが報じている。

新型「iPad Pro」はほぼこれまでの噂通りの端末に

iPad Proに関しては、iPad史上最も重要なアップデートになるとBloombergは報じている。

ディスプレイはベゼルが薄くなり、おもて面いっぱいに画面が広がる「edge-to-edge」デザインに。搭載ディスプレイは有機ELよりも安価な液晶になるという。本体デザインも変更になり、iPhone 5sやiPhone SEのような四角い側面を持つという。

また、従来モデルまで搭載されてきたホームボタンが廃止される。生体認証は指紋認証の「Touch ID」から顔認証機能「Face ID」に置き換えとなり、iPadでは初めてアニ文字やミー文字に対応する。Face IDはiPhoneとは違い、横向きでも認証できるようになるものとみられている。

プロセッサには、新型iPhoneの「iPhone XS/XS Max」や「iPhone XR」に搭載された「A12 Bionic」をより高速化したものが搭載予定。さらにAppleのカスタムグラフィックチップが初めてiPadに搭載されることになるという。

そして、2012年以降初めてiOSデバイスの充電ポートが変更されることに。従来まで搭載されてきたLightningポートから、iOSデバイスとしては初めてのUSB-Cに置き換えとなる。

また、Bloombergは新型Apple Pencilの登場も予想している。特徴などの詳細については触れていないものの、これまでの噂ではLightning端子ではなくなり、ワイヤレスでのペアリングが可能になるものとみられている。

以上が新型iPad Proの特徴となる。これまで報じられてきた情報と概ね内容は変わらず、ほぼ噂通りの端末になることが予想される。

新型MacBookやMac miniが登場、その他Macのプロセッサアップグレードも

今回の発表では、新型iPad Proと同時に新型 「MacBook (MacBook Air?) 」 「Mac mini」 も発表されることになる。

この新型MacBookは、しばらくアップデートが行われていない「MacBook Air」を置き換えるモデルに。画面サイズは13インチと同じだが従来よりもベゼルが薄くなることで表示領域が広くなり、ユーザー待望のRetinaディスプレイが搭載されることになる。

Macmini011

また、4年ぶりのアップデートとなる新型Mac miniは、プロユーザー向けに新プロセッサが搭載され、何らかの新機能が追加されるという。その他、iMac、iMac Pro、12インチMacBookはプロセッサのアップグレードが予定されているとのこと。


Bloombergが報じた通りの内容が発表されるとしたら、10月30日のイベントはかなり大規模なものになりそうだ。

新製品発表イベントは米ニューヨークで開催されるため、ライブストリーミングの開始は日本時間10月30日23時といつもより少し早い時間からの開始となる。視聴予定の方は時間を間違えないように注意しよう。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。