Amazonの電子書籍リーダー 「Kindle」 に新型モデルが登場 明るさを調節するフロントライト搭載

3月20日、Amazonは電子書籍リーダー 「Kindle」 に新型モデル(第10世代) を投入した。価格は8,980円(税込)から、すでにAmazonで注文することが可能だ。

新型Kindleは、2016年に発売した従来モデル(第8世代)からデザインの変更が行われており、端末の薄型化が実施されている。また、ついに上位モデルと同じくフロントライトが搭載されるようになっており、夜の暗い室内や陽射しが眩しい屋外などでも快適に読書ができるように改良が加えられた。ちなみに、フロントライトは明るさの調節が可能だ。

カラーラインナップはブラックとホワイトの2種類。価格は前モデルから1,000円アップの8,980円(税込)からとなっている。出荷は2019年4月10日に開始される予定だ。

また、「Kindle (第10世代)」 の発売と同時に、新Kindle用カバーが3,380円(税込)で発売となる。カバーはファブリック素材で、薄く、端末にぴったりとフィット。カラーバリエーションはカバーチャコールブラック、サンドストーンホワイト、コバルトブルー、パンチレッドを展開する。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。