iPhone 12にはナイロン編み込みの強靭タイプUSB-C to Lightningケーブルが同梱か

今年後半に登場予定の次期iPhoneには、ナイロンを編み込んだ強靭なタイプのUSB-C to Lightningケーブルが同梱される可能性があることがわかった。現地時間15日、充电头网が伝えた。

iPhone 12には編み込みタイプのLightningケーブルが同梱?

充电头网は、「iPhone 12 (仮称)」 に同梱されるケーブルの写真を投稿した。写真を見たらお分かりいただけるようにUSB-C to Lightningケーブルとなっているだけでなく、ケーブル皮膜がこれまでのものと異なり “編み込みタイプ” になっていることが確認できる。

このケーブルが本物かどうかは現状では判断することはできないが、もし本物だとすれば、Appleは同梱するケーブルの被膜素材を変更しようとしている可能性が出てくる。

現在、iPhoneに同梱してくるLightningケーブルは、PVC(ポリ塩化ビニール)などで作られている。しかし同ケーブルは耐久性にやや難ありで、長く使用していると根元のあたりが破れて破損してしまうことがある。

それを防ぐのがこの編み込みタイプ。Ankerなどサードパーティのアクセサリメーカーが既に導入しているものになるが、Appleはこの破損を防ぐためにはじめて編み込みタイプのケーブルに変えようとしているのかもしれない。

また、Lightningコネクタの金属部分は、現在の金メッキ加工ではなく、ロジウムでメッキする仕様に変更することが確認できたとのこと。この変更理由については、現時点ではわかっていない。

ちなみにケーブルの長さは1.05mで現行のものとほぼ同じだが、ケーブルの太さは3.04mmでやや太くなるという。

ただしこの情報にはやや疑問もある。Appleは将来的にiPhoneから有線コネクタを廃止する計画と伝えられている。もしこの計画が事実であれば、Lightningコネクタがいずれ廃止されることになる。それにも関わらず、Appleが新しいLightningケーブルを開発しているのは一体なぜなのだろうか。強度の向上はユーザーとしては嬉しい限りだが、果たして。

関連記事
次期iPhoneはLightningが引き続き採用 将来的にUSB-Cの採用はなし
iPhone 12、電源アダプタとEarPodsは同梱されず。20W電源アダプタは別売りに

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。