新型「MacBook Air」は9月に発表か TrendForceが報じる

現在、Appleは「MacBook Air」に代わる低価格の新型MacBookを開発していると噂されているが、どうやらその発表は来月にも行われることになりそうだ。

台湾のリサーチ会社であるTrendForceが公開したレポートによると、2018年第3四半期末(9月)に新型「MacBook Air」がリリース予定であるとのこと。

新型MacBook Airは今年9月に登場か

新型「MacBook Air」については、TF International SecuritiesのMing-Chi Kuo氏やBloombergのMark Gurman氏などが同モデルの登場を予想しており、13インチの画面が搭載され、999ドル(約11万円)とコストパフォーマンスに優れた端末になると言われている。

ただし、この端末が「MacBook Air」として登場するのか、13インチ「MacBook」として登場するのかは明らかになっていない。デザインやスペックがどうなるのかに関してもほとんど情報がない状態だが、Intelの第8世代プロセッサ「Kaby Lake Refresh」が搭載され、従来モデルから大幅に処理性能が向上するとの予想がある。

今回TrendForceが公開したレポートによると、新型「MacBook Air」の登場は今年9月。9月というと、例年通りであれば新型iPhoneなどが発表されるイベントが開催される予定だが、このイベントと同時に発表されることになる可能性もありそうだ。

ただし、9月には新型iPhoneの他に新型Apple Watchや新型iPad Proの登場も予想されており、新製品があまりに多いことから、新型「MacBook Air」の発表もしくは発売が10月にずれ込む可能性もあると海外メディアMacRumorsは指摘している。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。