任天堂、新型ニンテンドースイッチ発表 バッテリー持ち最大2.5時間向上

7月17日、任天堂は新型ニンテンドースイッチを発表した。価格は据え置きの29,980円(税別)、今年8月下旬頃に発売する。

新型ニンテンドースイッチは従来よりバッテリー持ちが向上

今回発表された新型ニンテンドースイッチは、先日発表されたNintendo Switch Liteとは異なり、従来型のニンテンドースイッチを改良したモデルになっている。

具体的にはバッテリー持ちが最大9時間に向上。前モデルは最大6.5時間とされていたため最大2.5時間バッテリー持ちが向上したことになる。

バッテリー持ちの向上は新しい省電力設計で実現したようだ。任天堂は各モデルのバッテリー持ちと内蔵バッテリー容量を明かしているが、新型モデルの内蔵バッテリー容量は前モデルから変わっていないため、プロセッサやディスプレイなど、前よりも省電力のものを採用した可能性がある。

  旧型Nintendo Switch 新型Nintendo Switch Nintendo Switch Lite
発売日 2017年3月3日 2019年8月 2019年9月20日
バッテリー容量 4310mAh 4310mAh 3570mAh
バッテリー持続時間 約2.5〜6.5時間 約4.5〜9.0時間 約3.0〜7.0時間
充電端子 USB Type-C USB Type-C USB Type-C

本体デザインは前モデルから特に変更はなし。内蔵プロセッサなど性能も向上するとみられていたが、それらは特に変更はないようだ。

左:旧モデル 右:新モデル

前述の通り、新型ニンテンドースイッチは価格は29,980円(税別)。2019年8月下旬頃に発売予定だ。新型モデルはパッケージが真っ赤なものにリニューアルされている(従来は白かった)ため、店頭で購入する場合はすぐに見分けがつくはずだ。

ちなみに、2019年9月27日(金)にはドラゴンクエストXI S ロトエディションが発売される予定で予約受付も開始されているが、こちらは今回発表された新型モデルで製造されるとのこと。すでに予約した人は自動的に新型モデルということになるため、改めて予約し直す必要はない。

Nintendo Switch 本体 (ニンテンドースイッチ) 【Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド】 +  ニンテンドーeショップでつかえるニンテンドープリペイド番号3000円分
Nintendo Switch (旧モデル)

posted with amazlet at 19.07.17
任天堂 (2019-06-27)
売り上げランキング: 12
Nintendo Switch ドラゴンクエストXI S ロトエディション
任天堂 (2019-09-27)
売り上げランキング: 240
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。