バッテリー持ちが改良された新型ニンテンドースイッチ、8月30日発売。本日から予約受付が開始

新型Nintendo Switchの予約受付が、本日から楽天ブックスノジマオンラインなど各ECサイトで開始されている。価格は29,980円(税別)で、8月30日(金)に発売予定だ。

▼以下サイトから新型ニンテンドースイッチを予約する

各サイトで予約受付が開始

左:旧モデル 右:新モデル

今回、予約受付が開始された新型Nintendo Switchは、バッテリー持ちが改良された新型モデル (2019年7月発表)。

現行モデルのバッテリー持ちは2.5~6.5時間だが、新型モデルは4.5~9.0時間と最大2.5時間バッテリー持ちが改良されている。どうやってバッテリー持ちが改善されたのかは明かされていないが、省電力性能のプロセッサ・ディスプレイなどを使用することでバッテリーライフを長くできたのだと予想される。

  旧型Nintendo Switch 新型Nintendo Switch Nintendo Switch Lite
発売日 2017年3月3日 2019年8月 2019年9月20日
バッテリー容量 4310mAh 4310mAh 3570mAh
バッテリー持続時間 約2.5〜6.5時間 約4.5〜9.0時間 約3.0〜7.0時間
充電端子 USB Type-C USB Type-C USB Type-C

予約開始された新型ニンテンドースイッチは、ネオンブルー&ネオンレッドとグレーの2カラーモデル。価格はどちらも29,980円(税別)で、本日より予約受付が開始、8月30日に販売が開始される予定だ。新パッケージは赤色が目印となっているため、店頭で購入する場合は旧機種と間違えないように購入していただきたい。

ちなみに、新型Nintendo Switchの発売日の2019年8月30日は、Nintendo Switch Liteの予約開始日となる。Nintendo Switch LiteはTVモードが使えないものの、小型化・軽量化を果たした携帯専用機。こちらのモデルの購入を考えている方は今月30日の予約開始に備えよう。

▼以下サイトから新型ニンテンドースイッチを予約する

関連記事
【比較】ニンテンドースイッチとニンテンドースイッチ ライト、何がどう違う?
任天堂、新型ニンテンドースイッチ発表 バッテリー持ち最大2.5時間向上

Nintendo Switch Joy-Con(L)/(R) グレー
任天堂 (2019-08-30)
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。