新OS Xの名前は「Fuji」!? Apple「iOS 10」「OS X 10.12」の社内テストを拡大

Appleは既に新しいOSの開発に着手しており、来年の正式リリースに向けて準備中であると複数メディアが伝えている。

そして、今回明らかになったのはAppleが「iOS 10」と「OS X 10.12 Fuiji」の社内テストを拡大させているとのことだ。

新「OS X」の名前は「Fuji」か!?

Google Analyticsのデータを見ると、「iOS 10」「OS X 10.12」のテスト頻度が大幅に増加していることが明らかになったと、米メディア9to5Macが伝えている。

ios10画像を見てもらえると分かると思うのだが、「iOS 10」は9月頃からアクセスが始まり、11月になるとアクセス数が増加しているのがわかる。

os10

「OS 10.12」の方も11月になってから急激にアクセス数が伸びている

ちなみに、新「OS X」に付けられているコードネームは「Fuji」と呼ばれていることも明らかになった。ここ最近のOS Xのコードネームがワイン関係であったのが、今年はどうやら違うようだ。

正式名称 コードネーム 由来
OS X 10.3 Panther Pinot ブルゴーニュ産ぶどうの品種
OS X 10.4 Tiger Merlot ボルドー産ぶどうの品種
OS X 10.5 Leopard Chablis 白ワインの名称
OS X 10.6 Snow Leopard
OS X 10.7 Lion Barolo 赤ワインの名称
OS X 10.8 Mountain Lion Foxtrot カナダブリティッシュ
コロンビア州のワイナリー
OS X 10.9 Mavericks Cabernet ワイン用ぶどうの品種
OS X 10.10 Yosemite Syrah コート・デュ・ローヌ産ぶどう品種
OS X 10.11 El Capitan Gala コート・デュ・ローヌ産ぶどう品種

OS X 10.12 XXXXXX / Fuji / 青森県藤崎町原産のリンゴの品種?

「フジ」と聞いて真っ先に思い浮かぶのが「富士山」だろう。だが、今までずっとワインやブドウ品種であったことを考えると、おそらくリンゴの品種「ふじ」であると考えられる。

現在は正式リリースとなると、アメリカの観光名所の名前を採用する傾向にあるため、あくまでも社内コードネーム限定であると考えておいたほうがいいだろう。

ちなみにリンゴの「ふじ」に関しては、青森県で品種改良ののちに開発された品種で、日本国内で1位の生産数を誇る。現在は日本国外でも人気が高まっていて知名度も高い。米国でも多く生産されている品種で、米国リンゴ協会で「Gala」に次いで高い人気を得ている。

昨年「OS X 10.11」のコードネームが「Gala」であった。「Gala」はブドウの品種名でもあり、リンゴの品種名であることから、実は昨年のうちにコードネームがリンゴの品種名に変化していたのだろうか。

[ via 9to5Mac ]

Mac OS El Capitan 10.11.1
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう