SIE、次世代PS VRのコントローラー公開。アダプティブトリガーやハプティックフィードバックなど搭載へ

3月18日、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、先日発表されていたPS5向け次世代VRシステムに採用されるコントローラーの情報を公開した。

PS5向け次世代PS VRのコントローラーについて詳細が発表

SIEの発表によると、次世代VRシステムに採用されるコントローラーはユーザーの手の動きをトラッキングできるオーブ型ハンドコンローラーになるようだ。以前の発表でコントローラーは人間工学に則ったデザインになると伝えられていたが、握った際に自然と手にフィットする形状。手の動きを妨げることなく自由度の高いゲームプレイが可能だ。

また、次世代VR体験のためにアダプティブトリガー、ハプティックフィードバック、フィンガータッチ機能などいくつかの特徴的機能を搭載するという。

次世代VRシステムコントローラーの特徴

  • 握った際に自然と手にフィットするオーブ型デザイン
  • 押し込むと抵抗を感じられる 「アダプティブトリガーボタン」 が左右それぞれに搭載
  • コントローラーの形状に最適化した 「ハプティックフィードバック」 を搭載
  • 押さずとも触れるだけで指を認識する 「フィンガータッチ機能」 を親指・人差し指・中指が置かれる3ヵ所に搭載
  • オーブ表面に点在するトラッキング機構により、VRヘッドセットがVRコントローラーをトラッキング
  • 左コントローラー搭載ボタン:アナログスティック・△ボタン・□ボタン・グリップボタン(L1)・トリガーボタン(L2)・クリエイトボタン
  • 右コントローラー搭載ボタン:アナログスティック・×ボタン・〇ボタン・グリップボタン(R1)・トリガーボタン(R2)・オプションボタン

アダプティブトリガーは、左右のVRコントローラーに搭載されているとのこと。DualSense ワイヤレスコントローラーと同様に、押し込んだ際に抵抗を感じられるようになっている。ゲーム内で弓を射る際にその弦の引き絞りを指先で感じることができたりする。

さらにハプティックフィードバックによってよりリアルな感触を得ることが可能。たとえば岩石がごろごろと横たわる砂漠を横断している感覚や、近接攻撃で拳を交わし合う感覚など、感触の違いがはっきりと感じられるという。

押さずとも触れるだけで指を認識する機能を親指、人差し指、中指が置かれる3ヵ所に配置されるフィンガータッチ機能が搭載。ゲームプレイ中も自然なジェスチャーによる操作が可能になるとのこと。

左のコントローラーには、アナログスティック・△ボタン・□ボタン・グリップボタン(L1)・トリガーボタン(L2)・クリエイトボタン、右のコントローラーにはアナログスティック・×ボタン・〇ボタン・グリップボタン(R1)・トリガーボタン(R2)・オプションボタンが搭載される。グリップボタンはゲーム内のオブジェクトをつかむ際などに使用する。

オーブ表面にトラッキング機構が点在しており、VRヘッドセットがVRコントローラーをトラッキングできるとのこと。詳細は明らかになっていないが、インサイドアウト方式によるトラッキングとなりそうだ。

次世代PSVRは2022年以降に発売予定。まだ情報は小出しにされている状態だが、開発は順調に進んでいる模様。今後の続報に期待したい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。