今秋発売の新型16インチMacBook Proはシザースイッチ式キーボードを採用か 著名アナリストが伝える

今秋、Appleは16インチのディスプレイを搭載した次世代型MacBook Proを発売すると噂されている。これについて、Appleの新製品に関して数々の予想を的中させてきたTF-InterNational Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏が、新しい予測レポートを公開した。

今秋発売の16インチMacBook Proからシザースイッチ式のキーボードが採用か

Kuo氏によると、Appleは16インチMacBook Proを2019年第4四半期に発売する予定。この新型MacBook Proからは現行のバタフライ構造のキーボードではなく、新たにSunrexが生産するシザースイッチ式のキーボードが採用されることになるとのこと。

さらに、このシザースイッチ式のキーボードは2020年に予定されているMacBookシリーズのアップデートで全モデルに搭載されることになるようだ。

新しいシザースイッチ式キーボードは埃や小さなゴミの混入による故障を防げるとみられる。従来のバタフライ構造キーボードは同じキーが連続で入力されたり、入力自体が正常にできないなど多数の問題を抱えていたが、これを解消することができると期待されている。

ちなみにKuo氏は、このシザースイッチ式キーボードはキー構造を補強するためのグラスファイバーが採用され、より高い耐久性とより深いキーストロークによってタイピング体験を向上させることができると過去に伝えていた。

Kuo氏はもともと新型MacBook Airが2019年秋に登場し、同モデルに新しいシザースイッチ式キーボードが搭載され、2019年後半~翌年2020年前半に同キーボードを搭載したMacBook Proが登場すると予想していたが、今回のレポートでその予想を変えたことになる。

これまでForbesEconomic Daily Newsなど多数のメディアが新型16インチMacBook Proは2019年秋に登場すると予想してきた。そして今回のKuo氏の予想変更を考慮すると、やはり新型MacBook Proは今秋に登場するとみて良さそうだ。

ちなみに、台湾メディアEconomic Daily Newsのレポートによれば、新型MacBook Proには16インチ(解像度3,072×1,920) の液晶ディスプレイが搭載されるという話だ。価格は3,000ドル(日本円で32.4万円)を超える高額機になる可能性が指摘されており、プロユーザー向けのラップトップ端末になるとみられている。

関連記事
次期MacBook Air・MacBook Proでバタフライキーボードが廃止か 新しいシザースイッチが採用される可能性
噂の16インチMacBook Proの発売は今年10月か 価格は30万円以上になる見込み

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。