macOS Mojaveで新しい壁紙が24枚追加へ MacBook Pro 2018やiMac 2017モデルのマーケティング壁紙なども追加、ダウンロード可能に

現地時間30日、Appleは開発者向けに「macOS Mojave beta 5」を開発者向けに公開した。同ベータ版ではいくつかの変更点やバグ修正があることが確認されているが、これまで未公開だった壁紙が収録されていることが明らかになった、

9to5Macによると、「macOS Mojave beta 5」には多数の新しい壁紙が同梱されている。

  • Abstract
  • Abstract Shapes
  • Chroma
  • Desert
  • Flower
  • Reflectionなど

これらの新しい壁紙は、MacBook Pro 2018やiMac 2017などの新型モデルのマーケティング用として使われているもの。また、そのほかにもモハーヴェ砂漠の新しい壁紙や「iOS 11」で利用できる美しい花の壁紙も追加されるようだ。

これらは「macOS Mojave beta 5」をインストールすることで利用することができるが、一般ユーザーの場合は「macOS Mojave」の正式リリースと同時に利用することが可能になる。同OSのリリースは2018年秋に予定されている。

ちなみに、秋の正式リリースを待てないという方は9to5Macで壁紙が公開されているので、新しい壁紙が欲しい方はこちらのリンクから画像をダウンロードしていただきたい。

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。