新型MacBook Airが2023年第2四半期に発売か。15インチモデルが登場との噂

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Appleは、2023年第2四半期に新型MacBook Airを発売する可能性があることがわかった。

台湾の業界紙DigiTimesが伝えた情報によると、Appleは15インチMacBook Airをまもなく発売する計画があるとのこと。

現行のMacBook Airシリーズは13インチモデルのみが展開されているが、これに15インチモデルを新たに追加するかたちになるという。搭載されるSoCが現行のM2チップなのか、次世代のSoCとなるM3チップになるのかは不明。

発売時期は2023年第2四半期と伝えているが、より具体的な時期については言及していない。

また、13インチモデルに新モデルが用意されるかは不明で、単に15インチモデルがラインナップに加わる可能性もあるものの、昨年6月にAppleは次世代SoCとしてM2チップを発表するとともに新型MacBook Airを発表していたことから、今年もM3チップを初めて搭載した製品として13/15インチMacBook Airが登場する可能性もありそうだ。

今回の情報はAppleの未発表製品に関してあまり情報精度が高くないDigiTimesによるものだが、しかしながらDSCC (Display Supply Chain Consultants) CEOを務めるRoss Young氏が先日、Appleが15インチMacBook Airを4月に投入する計画があると伝えたばかり。

DigiTimesの伝える2023年第2四半期には4月が含まれることから、両者の情報は一部一致していることにも注目に値する。M2 Ultraチップを搭載したMac Proと同時期にM3チップを搭載した製品を発表するのがAppleにとって得策なのかは分からないが、彼らの情報が正しければ新型MacBook Airは早くてあと1ヶ月半程度で登場する可能性があるようだ。

(via MacRumors)

関連記事
MacBook Air レビュー|M2チップの実力を徹底検証。誰にオススメなのか考えてみた
Appleの今春の新製品は、Mac Proと純正ディスプレイ、15インチMacBook Airの3つか

(画像:)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。