噂の15インチMacBookはM2/M2 Proチップ搭載で2023年第2四半期以降に発売と著名アナリスト。12インチモデルの登場については否定的?

MacBook Air (M2)

Appleは2023年のどこかで12インチMacBookおよび15インチMacBook Airを発売する予定との情報がある。

あくまで噂でしかないものの、これまでAppleの未発表製品を当ててきた人物たちによる情報であることから、Apple製品のファンにとっては気になる情報であるはずだ。

これらの製品に関して、著名アナリストのひとりであるMing-Chi Kuo氏が16日言及した。彼は12インチMacBookの登場については現時点でやや否定的、15インチMacBookについては2023年第2四半期に投入されると予測しているようだ。

Ming-Chi Kuo氏は16日、以下のツイートをTwitterで投稿している。日本語に訳すと以下のとおりになる。

上記ツイートの日本語訳:

Appleが2023年に発売する15インチノートPCの可能性を予測する。
①計画通りにいけば15インチMacBookは2023年第1四半期に量産開始されるが、もしかすると2023年第2四半期以降に量産が遅れる可能性も
②15インチMacBookはふたつのCPUオプションがある。ひとつはM2チップ、もうひとつはM2 Proチップ。M2モデルには35W電源アダプタが同梱、M2 Proチップには67W電源アダプタが同梱される
③巷で噂されている12インチMacBookについては計画を聞いたことがない

15インチMacBookについては、「MacBook Air」 ブランドとして登場するのか、「MacBook Pro」 ブランドとして登場するのかは不明のようだが、これだけ多くのアナリスト・ジャーナリストが発言していることから、Appleが15インチモデルを開発中であることは事実なのかもしれない。今月10日にも米Bloombergの著名記者Mark Gurman氏も言及している。

しかし、噂されている12インチMacBookについてはなんらかの情報も得ていないことから、Kuo氏は依然として懐疑的にみているようだ。AppleのMac関連のイベントのあとには必ずと言って良いほど12インチモデルの登場を期待する声が上がるが、かつてのコンパクトモデルの復活は期待できないのかもしれない。

(画像:Apple)

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。